MotoGPニュース

2017.04.17

ヤマハの野左根航汰が所属するYARTヤマハがル・マン24時間耐久で2位表彰台獲得


2位表彰台を獲得したYARTヤマハ

 4月16日、ブガッティ・サーキットで行われたFIM世界耐久選手権(EWC)第2戦ル・マン24時間耐久ロードレースは、現地時間15時00分にチェッカーが振られ、GMT94ヤマハが優勝。ヤマハの日本人ライダー、野左根航汰が所属するYARTヤマハが2位表彰台を獲得した。

 定刻通り、4月15日の現地時間15時00分にスタートしたル・マン24時間耐久。スタートを決めたYARTヤマハがホールショットを奪い、序盤をリードする。

 3時間が経過し、日本のエヴァRTウェビック・トリックスターが5番手を走行しているところでエルワン・ニゴンが他車と接触し転倒。転倒後は再スタートを切ってピットへと戻ってマシンを修復し、出口修と交代して再スタートを切った。

 6時間が経過したところで、チームSRCカワサキがYARTヤマハからトップを奪い返したが、転倒を喫し約3周分のタイムをロスしてしまう。その後はYARTヤマハがトップを奪い返し、レースをリードする。

F.C.C.TSRホンダ/グレッグ・ブラック
F.C.C.TSRホンダ/グレッグ・ブラック

 レースの折り返しとなる12時間が経過した時点でもYARTヤマハがトップ。日本のF.C.C.TSRホンダは4番手。エヴァRTウェビック・トリックスターは12番手を走行した。

 21時間が経過すると、トップを走行していたYARTヤマハと後方から追い上げたGMT94ヤマハがサイド・バイ・サイドの接戦を展開。あわや接触という場面もあったが、GMT94ヤマハが接戦を制しトップに浮上する。

ル・マン24時間耐久ロードレースを制したGMT94ヤマハ
ル・マン24時間耐久ロードレースを制したGMT94ヤマハ

 トップに浮上したGMT94ヤマハはそのまま逃げ切り、トップでチェッカーを受け優勝。YARTヤマハは19.819秒差でチェッカーを受け2位表彰台を獲得し、序盤の遅れを取り戻したチームSCRカワサキが3位でフィニッシュした。

 2位表彰台を獲得した野左根は「レースは本当に長かったですが、僕にとっては素晴らしい経験でした」と次のようにコメント。

「英語は話せませんでしたが、最高のセットアップとフィーリングを得るための良い方法を見つけることができ、チームメイトとともにライディングを楽しむことができました」

「今日は本当に疲れましたが、明日になったら、来年も同じチームメイトとレースに出場して優勝したいと考えていると思います」

 日本勢は、序盤でブレーキトラブルが発生したF.C.C.TSRホンダが5位でフィニッシュし、ランキング5位から4位に浮上。エヴァRTウェビック・トリックスターは終盤で後方から迫ったマシンに接触され転倒を喫したが、再スタートを切ってレースに復帰し、12位でチェッカーを受けた。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

Jms GARAGE GIRLS/2017SGT
澤井玲未(さわいれみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

26日(Wed)

27日(Thu)

28日(Fri)

WRC 第9戦フィンランド

29日(Sat)

全日本F3 ツインリンクもてぎ

WRC 第9戦フィンランド

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第4戦スパ24時間

FIAフォーミュラE第11戦モントリオール(カナダ)

30日(Sun)

F2 第7戦ハンガリー

EWC 世界耐久選手権 第5戦 鈴鹿8時間耐久レース(日本)

インディカー・シリーズ 第13戦ミド・オハイオ

全日本F3 ツインリンクもてぎ

WRC 第9戦フィンランド

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第4戦スパ24時間

F1 第11戦ハンガリーGP

FIAフォーミュラE第12戦モントリオール(カナダ)

31日(Mon)

1日(Tue)