MotoGPニュース

2017.11.14

MotoGP:ヤマハ 2017年第18戦バレンシアGP レースレポート


バレンティーノ・ロッシ/モビスター・ヤマハ・MotoGP

Rd.18 11月12日 バレンシア

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第18戦バレンシアGP
■開催日:2017年11月12日(日)決勝結果
■開催地:バレンシア/スペイン
■コースコンディション:ドライ
■気温:25度 ■路面温度:26度
■PP:M・マルケス(1分29秒897/ホンダ)
■FL:J・ザルコ(1分31秒576/ヤマハ)

REPORT

2017シーズン最終戦、ロッシが5位、ビニャーレス12位

 劇的な展開となったシーズン最終戦、Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシは終始、安定した走りを見せて5位を獲得。一方、午前中に行われたウォームアップ・セッションで転倒もあったチームメイトのM・ビニャーレスは、なかなかペースが上がらず12位となった。

 ロッシはグリッド7番手からスタートして、1周目はそのポジションをキープ。続いてJ・ミラー(ホンダ)とバトルとなり8番手に後退したが、7ラップ目にこれを抜き返して再び7番手へ。しばらく淡々とペースを守って走行したあと、A・イアンノーネ(スズキ)に仕掛けてパス、次にA・リンス(スズキ)に先行を許すなどバトルを再開。この頃、前方では転倒が発生して大きく順位が入れ替わっており、ロッシもこの影響を受けて5番手へと浮上した。このあとも前車との差を詰めていくことはできなかったが、最後までこのポジションを守り切ってチェッカー。トップから13.817秒差で5位を獲得した。

 一方のビニャーレスは、午前中に行われたウォームアップ・セッションのなかでマシンの最終調整を行ったものの、小さな転倒もあり、十分な成果を得られないまま決勝をスタート。グリッド13番手からオープニングラップでひとつ上げたあと、ペースアップに苦しみ15番手へ後退した。しかしこのあとD・ペトルッチ(ドゥカティ)をとらえて自信を取り戻し、さらに2ラップ連続で自己ベストを更新するなど1分32秒前半に上げるとB・スミス(KTM)をパス。これで一旦は10番手までポジションを上げたが、そのあと再びふたつ下げて12位でゴールした。トップとの差は35.012秒だった。

 この結果、シリーズポイントではロッシが合計208ポイントに伸ばしてランキング5位。ビニャーレスはYZR-M1デビューイヤーに合計230ポイントを挙げ、トップから68ポイント差でランキング3位を獲得した。ヤマハはコンストラクターズ・ランキングでトップに36ポイント差の2位、Movistar Yamaha MotoGPはチーム・ランキングでトップに70ポイント差の2位となった。

 これで2017シーズンは終了したが、11月14日火曜日には再びリカルド・トルモ・サーキットへ戻って2日間の公式テストに臨む。

ザルコが2位表彰台獲得! ファン・デル・マークも好走

 Monster Yamaha Tech3 TeamのJ・ザルコがシーズン最終戦で熾烈な優勝争いを展開。僅差で2位となった。絶好のスタートから終始ハイペースをキープし、終盤はD・ペドロサ(ホンダ)との一騎打ち。わずかに届かず0.337秒差の2位でチェッカーを受けた。

 一方のM・ファン・デル・マークはMotoGP参戦2戦目も最後まで順調に走り切った。グリッド9列目から16番手まで上がったあと、小さなミスの間にひとつ下げて17位でゴールラインを通過した。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

Team JLOC Marvelous Queen/2017SGT
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

17日(Fri)

フォーミュラV8 3.5 第9戦 バーレーン

WRC 第13戦オーストラリア

18日(Sat)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WEC 第9戦バーレーン6時間

19日(Sun)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WTCC 第9戦マカオ(ギア・サーキット)

20日(Mon)

21日(Tue)

22日(Wed)

23日(Thu)