MotoGPニュース

2018.05.12

新・韋駄天は電動バイク版2ストマシン。チームミライがマン島TTレース参戦発表


発表会でアンベイルされた韋駄天X

 5月11日、都内でマン島TTレースに参戦するTEAM MIRAI(チームミライ)の参戦発表会が行われ、マン島TTの電動バイククラス『TT Zero』を戦う『韋駄天X』がお披露目。発表会では登場したチームの代表であり監督を務める岸本ヨシヒロがニューマシンが解説するとともに、参戦に向けた意気込みを語った。

 チームミライがマン島TTに参戦するのは5年ぶり。5年前の2013年、チームミライは松下ヨシナリをライダーとして参戦予定だったが、松下はマン島TTの他クラス参戦中、不慮の事故により亡くなった。以来、チームミライは2014年から2017年にかけてアメリカのパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦し、マン島TTへ復帰するタイミングを図っていたという。

 今回の参戦は、松下の盟友でありライダーを務めるイアン・ロッカーのレーシングチームTeam ILRとチームミライがコラボレーションしたもの。チーム監督は代表でもある岸本が務める。この日行われた発表会では、岸本により2018年のマン島TTを戦うニューマシン、『韋駄天X』がお披露目された。

チームミライ代表であり監督の岸本ヨシヒロ
チームミライ代表であり監督の岸本ヨシヒロ
ライダーのイアン・ロッカーも映像でメッセージを送った
ライダーのイアン・ロッカーも映像でメッセージを送った

 発表会に登場した岸本は、ニューマシンについてこう説明する。

「今回は、『2ストロークバイクに近い電動バイク』の開発を目指しました」

 マシン名である韋駄天というのは俊敏な動きをするイメージの神様のこと。2ストバイクのように俊敏なマシンを開発コンセプトとして、その名を冠した。

「パワーフィーリングがすごくよくて、マシンが軽く、俊敏。しかも、動力性能としては、2ストバイクのように、俊敏で軽いマシンを目指しました。今、日本ではほぼ新車で2ストバイクを買うことができません。それを電動バイクでやったら面白いコンセプトになるんじゃないかと思ったんです」

2ストバイクに近い電動バイクを目指して開発された、韋駄天X
2ストバイクに近い電動バイクを目指して開発された、韋駄天X
前モデルの韋駄天。車格は韋駄天Xよりも大きめ
前モデルの韋駄天。車格は韋駄天Xよりも大きめ

 岸本の手によりお披露目されたチームミライの韋駄天Xは、確かに横に置かれた前モデル韋駄天よりも車格が小さめ。韋駄天XはホンダNSF250Rのフレームを使用し、車重は約140キロだ。プライベーターであるチームミライには使えるモーターやユニットに制限がある。そのため、できるだけマシンをコンパクト化し、少ないパワーで出力を上げられるようにした。

 新たに搭載するインバーターはYPUとチームミライの共同開発で約2年かけて開発されたもの。バッテリーは中国製のものを使用し、モーターはゼロモーターサイクルズとのコラボレーションで造られたもので、予想される最高速度は時速約260キロだという。

■韋駄天Xは世界に類を見ない水冷と空冷のハイブリッドマシン


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

Owltech Lady/2018SGT
宮瀬七海(みやせななみ)

Photo Ranking

フォトランキング