MotoGPニュース

2018.05.16

カワサキ渡辺一馬、11年ぶりの優勝を支えたチームスタッフの激励/全日本ロード第3戦


カワサキのホームコースでワンツーフィニッシュという最高の結果を残した渡辺一馬と松崎

 カワサキ・チームグリーンの渡辺一馬が全日本ロードレース選手権第3戦オートポリスで、JSB1000クラスとして11年ぶりの優勝をカワサキにもたらした。2位にはチームメイトの松﨑克哉。カワサキのホームコースで、ワンツーフィニッシュという最高の結果だ。タイヤ選択が明暗を分けたこのレースで、カワサキの両雄が選んだのはスリックタイヤだった。