MotoGPニュース

2018.12.16

全日本ロード:J-GP2クラスが2019年をもって終了。2020年から新たにST1000クラスがスタート


全日本ロードレース選手権J-GP2クラスが2019年をもって終了することが発表された

 12月15日、大手町・日経ホールで開催された全日本選手権ランキング認定表彰式『MFJ MOTO AWARDS 2018(モト・アワード2018)』で全日本ロードレース選手権J-GP2クラスが2019年をもって終了することが発表。同時に、2020年から新たにST1000クラスを開始することが明かされた。

 全日本ロードのJ-GP2クラスは、2010年にロードレース世界選手権MotoGPのMoto2クラスへの道筋を見すえてスタートしたクラスだ。マシンはMoto2クラスに準じるレーサー、または4ストローク600ccエンジンを搭載する市販スーパースポーツを改造したマシンで争われる。

 そんなJ-GP2クラスが、2019年を持って終了することがモト・アワード2018で明かされた。

2019年の施策を発表するMFJ会長の大島裕志氏
2019年の施策を発表するMFJ会長の大島裕志氏

 一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)会長の大島裕志氏は「(J-GP2クラスの車両が)みさなんご承知のとおり、2019年から世界選手権Moto2とまったく異なる車両になることから、2019年を持ってJ-GP2を終了することを決定しています」と終了の理由を述べた。

 Moto2クラスは、2018年限りでエンジンサプライヤーを退くホンダに代わり、イギリスのバイクメーカーであるトライアンフが2019年から2021年までエンジンを供給。使用されるエンジンは、トライアンフの市販車ストリートトリプルの765cc3気筒エンジンをレース用にチューンしたものとなる。

2019年からオフィシャルエンジンサプライヤーとなるトライアンフ
2019年からオフィシャルエンジンサプライヤーとなるトライアンフ

 またエンジンサプライヤーの変更に伴い、765cc3気筒エンジンを使用したマシンの選手権が存在しないことから、2019年はMoto2クラスへのワイルドカードエントリーが利用できないことが決定している。

■2020年から新クラスST1000がスタート


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

2018D’stationフレッシュエンジェルズ/2018SGT
宮本りお(みやもとりお)

Photo Ranking

フォトランキング