クルマニュース

2017.06.19

重低音4WDか、漆黒のエクステリアか。『ジープ・レネゲード』に2種類の特別仕様車


 ジープ・ブランドの末弟として、FCAのグローバル戦略の元に『フィアット・500X』の兄弟車として誕生した『ジープ・レネゲード』に、世界的人気の新興オーディオブランド『Beats by Dr. Dre』とのコラボレーションモデル『Jeep Renegade Trailhawk Beats Edition(トレイルホーク・ビーツ・エディション)』と、エクステリア・インテリアを黒で統一したシックなデザインの限定車『Jeep Renegade Night Eagle(ナイトイーグル)』が登場。ともに6月10日から発売開始となっている。

 合計200台限定となる『トレイルホーク・ビーツ・エディション』は、オーディオブランドBeats by Dr. Dreとのコラボレーションモデルとして誕生。

 2015年のレネゲードの導入当初は、FFのリミテッド・グレードにのみオプションとして設定されていたが、今回は4WDのトレイルホークに同オーディオを搭載。

レネゲード専用設計となる9スピーカーのオーディオ・システムを搭載
レネゲード専用設計となる9スピーカーのオーディオ・システムを搭載

 サブウーハーを含む合計9基のスピーカーをインパネ、フロントドア、リヤドアおよびカーゴエリアに配置することで、大出力506W、8チャンネルのパワーアンプによる臨場感あふれるサウンドが楽しめる。

『トレイルホーク・ビーツ・エディション』専用設定となる「ジェットセットブルー(50台)」のエクステリアカラー
『トレイルホーク・ビーツ・エディション』専用設定となる「ジェットセットブルー(50台)」のエクステリアカラー

 エクステリアカラーは、ポップで際立つデザインのレネゲードに似合うカラフルな4色を設定。コロラドレッド(50台)、ソーラーイエロー(35台)に加え、オマハオレンジ(65台)とジェットセットブルー(50台)は、これまでベース車両のトレイルホークに設定の無かった限定モデル専用のボディカラーとなっている。

人気DJであるDr.Dreのプロデュースで、瞬く間に世界的人気を確立した「Beats Audio」
人気DJであるDr.Dreのプロデュースで、瞬く間に世界的人気を確立した「Beats Audio」


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

WedsSport RACING GALS/2017SGT
今井みどり(いまいみどり)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)

25日(Fri)