クルマニュース

2017.07.03

公道走行も可能。ポルシェ、「史上もっともパワフルな911」をグッドウッドで世界初披露


ニューポルシェ911 GT2 RS

 ポルシェは6月30~7月2日に行われたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、「同社史上もっとも速くパワフル」で公道走行可能な『ニューポルシェ911 GT2 RS』をワールドプレミアした。

 最大出力700馬力を誇る3.8リッターのツインターボ水平対向エンジンを搭載するニューポルシェ911 GT2 RSは、燃料を満タンにした状態で、車重がわずか1470kgという軽量マシン。高出力と軽量さが相まって、0-100/h加速はわずか2.8秒と驚異的な数値を誇る。

 搭載されるエンジンのベースはポルシェ911ターボSのもの。性能を高めるために大型ターボチャージャーが装着されているほか、新たな冷却システムが追加された。

 この冷却システムは、最高負荷時に適切な冷却をもたらすよう設計されており、エンジンが高温になるとインタークーラーに水を噴射する仕組みも導入。極限状態でも最適な出力が保証されるという。

ニューポルシェ911 GT2 RS
ニューポルシェ911 GT2 RS

 車体にはリヤアクスルステアとウルトラハイパフォーマンスタイヤを備えたレーシングシャシーが使われているほか、フロントフェンダーやホイールハウジングベント、エンジンフードなどはカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製で、軽量化が図られた。

ニューポルシェ911 GT2 RS
ニューポルシェ911 GT2 RS

 また、ポルシェは911 GT2 RSのパフォーマンスをさらに引き上げるパフォーマンスパッケージ、“ヴァイザッハ・パッケージ”も用意。通常モデルのパーツをカーボンファイバー強化プラスチックやチタン製に置き換えることで、さらに30kgの軽量化が可能だという。

 ポルシェが「史上もっともパワフル」と称する高性能スポーツカー誕生を祝し、ポルシェデザインでは、同社として初めて特別なウォッチも製作した。

ポルシェデザインが手掛けた同社初のクロノグラフ『911 GT2 RSクロノグラフ』
ポルシェデザインが手掛けた同社初のクロノグラフ『911 GT2 RSクロノグラフ』

 ニューポルシェ911 GT2 RSのドライバーのみが手にできる『911 GT2 RSクロノグラフ』は、ポルシェデザインが3年を費やして開発したクロックムーブメントを搭載。軽量なチタン製ケースに収められる。

 このクロノグラフとニューポルシェ911 GT2 RSは世界中のポルシェ正規販売店でのみ購入することができ、要望に応じて個別に生産。ふたつ同時にオーナーのもとへ届けられるとのこと。

ニューポルシェ911 GT2 RS
ニューポルシェ911 GT2 RS