クルマニュース

2017.12.12

2気筒ツインエアとBeatsオーディオの快音をMTで。『フィアット500 デチベル』登場


クルマ | 2気筒ツインエアとBeatsオーディオの快音をMTで。『フィアット500 デチベル』登場

 フィアットの国民的人気コンパクト『フィアット500(チンクエチェント)』に、2気筒“TwinAir”の持ち味を最大限に引き出す5速MT採用に加え、高品位な音を奏でるBeats Audioのサウンドシステムを搭載した限定車『フィアット500S Decibel(デチベル)』を設定。12月2日より発売開始となっている。

 フィアットのコンパクトモデルに導入されているTwinAirエンジンは、排気量わずか875ccながら、直列2気筒8バルブのシリンダーヘッドにフィアット得意のマルチエア技術を用いたカム駆動と直噴ダウンサイジングターボを融合。

 最高出力85PS、最大トルク145Nmのアウトプットながら、ドライブしたときの力感とサウンドがなんとも楽しい、軽快なパワーユニットに仕上がっている。

 そんな2気筒ならではの独特なエンジンフィールを持つTwinAirエンジンと、標準モデルには設定のない5速マニュアルトランスミッションを組み合わせた今回の限定車は、90台限定の導入となり、連続可変バルブタイミング&リフト機構やSTART&STOPシステムの採用により26.6km/リッターの低燃費も実現している。

 エクステリアは、テックハウス・グレーとクロスオーバー・ブラックの2色のダークなボディカラーを採用し、さらに7スポークデザインの16インチアロイホイールによりスポーティな雰囲気を強調している。

 インテリアには、オーディオブランドのBeatsとコラボレーション。FCAブランドのJeepなどでおなじみの『Beats Audioプレミアムサウンドシステム』を搭載し、イタリア語で音圧レベルの単位であるデシベルを意味する、車名の『デチベル』の名にふさわしい、TwinAirエンジンとBeats Audioがそれぞれ独特のサウンドを奏でる元気な1台に仕上がっている。

 全車右ハンドル仕様のみとなり、価格は238万6800円だ。

クロスオーバー・ブラック(写真)とテックハウス・グレーの2色のボディカラーを用意

7スポークデザインの16インチアロイホイールを装着するなど、スポーティな装いに
FCAで続々と採用を増やしつつある「Beats Audioプレミアムサウンドシステム」を搭載
インテリアも外観に合わせて黒基調のスポーティな仕立てとなっている

オフィシャルサイト:http://www.fiat-auto.co.jp/limited/500sdecibel/


クルマ News Ranking

    本日のレースクイーン

    尾林ファクトリー/2019TAS
    増田みずき(ますだみずき)

    クルマ Photo Ranking

    フォトランキング