クルマニュース

2019.02.04

『アウディQ5』クリーンディーゼル仕様車が日本上陸。導入記念の250台限定車も


250台限定で発売されるアウディQ5 TDI ファーストエディション・ブラックスタイリング

2019年2月4日
プレスリリース

新型 Audi Q5 40 TDI quattroを発売

●スポーティでダイナミックな外観と走行性能が魅力のQ5に、クリーンディーゼルを追加導入

●電子制御コモンレール世代のクリーンディーゼルとして、日本初導入*1

●最新の厳しい排ガス基準を満たした2Lディーゼルエンジンは190psと400Nmを発生

●ミッドサイズSUVながら、燃費は15.6km/L(JC08モード)を達成

●導入を記念し、限定モデルAudi Q5 TDI 1st edition black stylingを設定(250台)

 アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ・ノアック)は美しいデザインと、高効率エンジンやquattroによるダイナミック性能が特徴のミッドサイズSUV『アウディQ5』に、最新のクリーンディーゼルを搭載したモデル『アウディQ5 TDI 1st edition black styling』を追加し、2月19日より全国のアウディ正規ディーラー(126店舗、現時点)を通じて発売いたします。

 アウディQ5 40 TDI quattroは、電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンならではの走行性能を楽しめる、Q5の新しいエントリーモデルです。
 
 最新の技術を惜しみなく投入し、妥協ない環境性能と190ps/400Nmという運動性能を併せ持つことで、高い経済性とともに、余裕のあるドライビングフィールを実現しています。
 
 その一方でJC08モード燃費はガソリンモデルを1.7km/L上回る15.6km/Lで、モード燃費による単純乗算でも航続距離は約1100kmに迫ります(タンク容量:70L)。

 1968cc直列4気筒TDI(Turbocharged Direct Injection)の排気系は、酸化触媒コンバーター、尿素SCR(選択触媒還元)コーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)、アンモニア分解触媒コンバーターなどから構成されます。
 
 加えて高圧コモンレール式インジェクターや低高2系統のEGR(排ガス再循環)など、エンジン本体にも最新技術を投入し、欧州排ガス規制EURO 6や日本のポスト新長期排ガス規制に適合しています。そして、緻密に制御される可変ガイドベーン式ターボは、ディーゼルエンジンならではの大きなトルクを、ガソリンエンジンに迫るレスポンスで提供します。

電子制御コモンレール式クリーンディーゼルエンジンを搭載したアウディQ5 40 TDI
電子制御コモンレール式クリーンディーゼルエンジンを搭載したアウディQ5 40 TDI
250台限定で発売されるAudi Q5 TDI 1st edition black styling
250台限定で発売されるAudi Q5 TDI
1st edition black styling


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

NITTO/2019TAS
葉加瀬りょう(はかせりょう)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング