クルマ ニュース

2019.04.16

アウディ、近未来シティカーのビジョンを示した『AI:ME』を上海モーターショーで発表


クルマ | アウディ、近未来シティカーのビジョンを示した『AI:ME』を上海モーターショーで発表

2019年4月15日
プレスリリース

大都市のためのモビリティ -『アウディAI:ME』を上海モーターショー2019で発表

◆未来の自動運転シティカーのビジョン

◆コンパクトなボディと広々とした室内

◆渋滞から隔離された快適なハイテク空間

 2019年4月15日、インゴルシュタット/上海:アウディは、上海モーターショー2019で、未来の大都市のためのモビリティコンセプトを発表します。アウディAI:MEと名付けられたこのショーモデルは、コンパクトな寸法、未来的で広々としたインテリア、レベル4に対応した自動運転機能を特徴としています。自動運転機能により、乗員は移動中に車内で好きなことをして過ごすことができます。アウディAI:MEは、コミュニケーションやエンターテイメント、あるいはただ単にリラックスするための、広範囲なハイテク機能を満載しています。

 アウディAI:MEのボディラインは、エモーショナルでありながらも空間を有効活用したコンパクトな電気自動車のデザインを、どのように表現すべきなのかを示しています。AI:MEという名称は、2017年に発表された長距離走行可能な自動運転のスタディモデル、Audi AIconとの関連性を強調しています。上海では、これらの2台のコンセプトカーのボディラインの類似性が明らかになるでしょう。上海モーターショー2019のアウディブースでは、世界初公開されるAI:MEの横に、Audi AIconも一緒に展示されます。

コンパクトなボディと電気駆動システム:コンセプト

 アウディAI:MEの全長は4.30m、全幅は1.90mです。その寸法は、現代の一般的なコンパクトカーとほぼ同じです。しかし、2.77mのホイールベースと1.52mの全高は、このクルマが少なくとも1つ上のクラスと同等の室内寸法を備えていることを示しています。これは、電気駆動システムの構造により、短いオーバーハングと、センタートンネルのない広々とした室内が実現しています。125kW(170hp)を発生する駆動ユニットは、リヤアクスルに搭載されています。

 コンパクトな駆動パッケージによって、有効活用できる最大限のスペース、空間の快適性、優れた多用途性が実現しています。アウディAI:MEは、2人乗りを基本として、プラスαのスペースを活用できるように設計されています。そのレイアウトは、シートポジションと収納スペースの様々な構成によって変化します。ほとんどの走行時には、セパレートタイプのフロントシートのみを使用しますが、必要に応じてリヤのベンチシートを利用することで最大4人まで乗車することができます。

Audi AI:自動運転によるモビリティへの道

 アウディAI:MEとAudi AIcon。この2台のコンセプトカーの名称には、未来に向けた革新テクノロジーの総称としてアウディが使おうとしている「AI」の2文字が含まれています。Audi AIは今後、ドライバーを運転の緊張から解き放ち、車内で自由な時間を過ごせるようにするための様々なエレクトロニクスシステムを意味する言葉になるでしょう。その目標のために、Audi AIは、人工知能やマシンラーニング(機械学習)分野の方法論やテクノロジーも取り入れていきます。Audi AIはまた、自動運転を可能にするビークルインテリジェンスだけでなく、クルマを乗員のパートナーに変えるインタラクションインテリジェンスの両方を兼ね備えています。つまり、アウディAI:MEという名称は、AIとユーザー(ME)を結び付けるという意味を表現しています。Audi AIのシステムは、自分で学んだり考えたりすることが可能で、予測的に個人のニーズを反映することもできます。Audi AIにより、アウディ ブランドの未来のモデルは、高い知能と共感力を備えたクルマになるでしょう。また、周囲の状況を常に考慮することによって、乗員の要望にもこれまで以上に適切に対応することが可能になるでしょう。

レベル4の自動運転:市街地を走行しながらリラックス

 鉄道輸送だけでなく航空分野においても何年も前から確立されてきた方式、すなわち自動運転の実現が、自動車の分野でも大きな飛躍を遂げようとしています。アウディAI:MEは、市街地走行用に設計され、レベル4の自動運転機能を備えています。これは、自動運転を促進するために標準化された国際規格において2番目に高いレベルです。レベル4のシステムでは、ドライバーによる運転の補助は必要ありませんが、その機能は高速道路や都市部の特別な設備が施された地域など、特定のエリアに限定されています。このような場所では、ドライバーは完全に運転操作をシステムに委ねることができます。しかし、クルマがその条件に適合した地域から離れた場合は、ドライバーが運転の責任を引き受けなければなりません。完全な自動運転を意味するレベル5の機能を搭載するAudi AIconとは対照的に、アウディAI:MEは、従来のステアリングホイールとペダル類を備えています。

 これは、将来的には、対応するインフラが整備された特定の交通エリアを、アウディAI:MEが他の道路ユーザーと共に、自動的に走行することを意味しています。ここでは、交通の流れが自律的に調整・制御されることにより、不要な急加速や車線変更をすることなく、各車両が滑らかに走行することが可能になります。このような状態は、乗員が周囲の交通を気にすることなく、車内でリラックスして過ごすための重要な条件となります。

アウディAI:ME/エクステリア・ディテール
アウディAI:ME/エクステリア・ディテール
アウディAI:ME/インテリア
アウディAI:ME/インテリア


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

Jms GARAGE GIRLS
那津あやこ(なつあやこ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング