クルマ ニュース

2019.04.18

ニューヨークショーで新型『スバル・アウトバック』が世界初公開。旗艦クロスオーバーSUVの6代目


クルマ | ニューヨークショーで新型『スバル・アウトバック』が世界初公開。旗艦クロスオーバーSUVの6代目

2019年4月18日
プレスリリース

SUBARU 新型『アウトバック』を世界初公開

~さらにタフさを増したSUBARUのフラッグシップクロスオーバーSUV~

●デビューから四半世紀の歴史を積み重ねてきた先駆的クロスオーバーSUVの第6世代

●2.4L水平対向4気筒直噴ターボエンジンとSUBARU GLOBAL PLATFORMを得て、進化した動的質感

●11.6インチディスプレイを備えた、上質さと革新性を併せ持つ室内空間

●総合安全思想に基づく、SUBARUならではの優れた安全性能

●アクティブマインドを刺激する、タフでラギッドなエクステリアデザイン

 SUBARUはアメリカ・ニューヨークにて開催中の2019ニューヨーク国際オートショーにおいて、新型アウトバック(アメリカ仕様)を世界初公開しました。

 1995年の初代発売以来、乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUVとしてその歴史を積み重ねてきたアウトバックは、今回のフルモデルチェンジで6代目を迎えます。歴代モデルを通じ、どこまでも走り続けられるような安心感と快適性、荷物を効率的に積める積載性、質感の高い内装といった、クルマとしての本質的価値を磨き続けることで、乗る人の生活をさらに豊かなものにするパートナーとして信頼を築き上げ、SUBARUのフラッグシップクロスオーバーSUVとして、唯一無二のキャラクターを確立してきました。
 
 今回の新型でも、「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というコンセプトのもと、歴代モデルが培ってきた価値に最新の技術を組み合わせることで、更なる進化を遂げています。

 エンジンは低回転域から力強いトルクを発生する2.4リットル水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、直噴化により効率を高めた2.5リットル水平対向4気筒エンジンの2種類を用意。車体剛性を最適化するSUBARU GLOBAL PLATFORMと組み合わせることで、歴代モデルで定評のある動的質感をさらに向上させました。
 
 また、運転支援システム“アイサイト”には、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加。安全運転を支援するドライバーモニタリングシステム*1も組み合わせることで、アクティブライフを支えるパートナーとして、安心感をさらに高めています。

 エクステリアはスピード感のあるシルエットに、厚みを強調したボディパネルや、従来型からさらに力強さを増したクラッディングを組み合わせることで、一目見ただけで感じられるアクティブさとタフさを表現。インテリアは、11.6インチ大型ディスプレイを備えたインフォテインメントシステムを採用し、フラッグシップならではの質感に、革新的な機能性を加えることで、より快適でより愉しい移動空間を提供します。

 あらゆる面で進化を遂げた新型アウトバックは、アクティブなライフスタイルを支えるパートナーとして、乗る人全てに安心と愉しさをお届けします。

 新型アウトバック(アメリカ仕様)は、アメリカ生産拠点 Subaru of Indiana Automotive, Inc.にて生産し、2019年秋から販売を開始する予定です。

*1:アメリカ仕様システム名称“DriverFocus”

【新型アウトバック (アメリカ仕様)の主な特徴】

スバル・アウトバック/インテリア
スバル・アウトバック/インテリア
スバル・アウトバック/インテリア
スバル・アウトバック/インテリア


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

Jms GARAGE GIRLS
那津あやこ(なつあやこ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング