クルマニュース

2016.03.23

トヨタ、NYショーでフルモデルチェンジ予定のプリウスPHV発表


NYショーで発表されたフルモデルチェンジ予定のプリウスPHV

2016年03月23日
TOYOTA、ニューヨーク国際オートショーにフルモデルチェンジ予定のプリウスPHVを出展
―米国での車名は「プリウス プライム※1」―

 TOYOTAは、米国・ニューヨークで3月23日~4月3日に開催される2016年ニューヨーク国際オートショーにおいて、フルモデルチェンジを予定しているプリウスPHVを発表した。

 新型車は、米国においては「プリウス プライム」の車名で、日本、欧州においては新型プリウスPHVとして、2016年秋から導入を予定している。

 プリウスPHVは2012年1月、電気利用車の早期本格普及を目指し、EVモードとHVモードが切り替わることで電池残量などを気にせず安心して乗ることができる、普及に適した電気利用車として量販を開始。現在までに日本、米国、欧州を中心に、計約7万5千台を販売している。

 今回モデルチェンジ予定の新型車は、PHVがHVに次ぐ次世代環境車の柱として広く普及するべく、EV走行換算距離(EV走行距離)の大幅拡大や先進的なデザインの採用など、お客様がPHVに求める要望に一つ一つ応えることで、電気を活用した新しいカーライフスタイルを提案できるクルマを目指し、開発した。

 具体的には、外観においては4代目プリウスをベースとしながら、より先進的でエモーショナルな造形を目指し、フロント、リヤにオリジナルデザインを採用。TOYOTA初となるCFRP※2製バックドアによって、軽量化とガラスエリア拡大による良好な後方視認性を実現するとともに、新形状ガラス「ダブルバブルバックドアウインドウ」を採用することで、個性ある造形としながら空力性能にも貢献している。

 また、プラグインハイブリッドシステムにおいては、電池容量を拡大することで、EV走行距離を60km以上※3と大幅に延長。さらに、従来の走行用モーターに加え、これまで発電機としてのみ使用していたモーターを走行用としても利用する、デュアルモータードライブシステムを採用することで、EVモード走行時の一層力強い走りを実現している。

 あわせて、装備においても世界初※4のガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコンや、11.6インチ大型ディスプレイを備えたナビゲーションシステムを採用し、運転中の快適性や利便性を追求するなど、多数の先進技術を織り込んだ仕様としている。

 さらに、プラグインハイブリッド独自の充電システムは、従来の家庭用電源からの充電に加え、充電ステーションでの急速充電にも対応(日本仕様のみ)。さらに、ソーラーパネルで発電した電気を駆動用バッテリーに充電する、世界初※4のソーラー充電システムを備え、より利便性を高めている(日本、欧州仕様のみ)。

※1 「先駆け」の意を持つプリウスと、「最高位」の意を持つプライムから命名
※2 CFRP Carbon Fiber Reinforced Plastics(炭素繊維強化樹脂)

※3 開発目標数値(JC08モード)、社内測定値
※4 2016年3月現在。トヨタ調べ

主な特徴
1.プリウスのリーディングモデルに相応しい、先進的でエモーショナルなスタイル
<エクステリア>
「ICONIC Human-tech(アイコニックヒューマンテック)※5」をデザインコンセプトとし、一目でプリウスシリーズとわかるトライアングルシルエットを表現するとともに、フロント、リヤには先進環境車として進化させたオリジナルデザインを採用。
・フロントには大型アクリルグリルを採用し、冷却開口部の存在感を抑えながら、奥行きある質感を表現
・ヘッドランプには、薄く、小型にデザインした4眼のLEDプロジェクターを採用し、低い位置に配置することで先進感を表現
・リヤウインドウには、空気の流れをイメージし、2つの膨らみを持たせた波状断面のダブルバブルバックドアウインドウを採用。その曲面をリヤスポイラー、サブウインドウまで連続させ、空力性能とエモーショナルな造形を強調
・リヤオーバーハングをプリウスに対し80mm延長し、より伸びやかなサイドシルエットを創出

<インテリア>
・インストルメントパネルは、ナビゲーションの機能も備えた大型11.6インチ縦型ディスプレイをセンターに配し、両サイドの縦型エアコンレジスターとサテン調メッキモールにより、存在感を強調
・シートは4席仕様とし、車両全体で軽量化を図ることで、エネルギーを効率的に使用し、PHVの使命である環境性能を向上

2.EV走行距離60km以上※6を実現した、新しいプラグインハイブリッドシステム
 プリウスの最新ハイブリッドシステムをベースに、EV走行距離の拡大や電力消費率の向上など、PHVならではの性能を大幅に進化。ハイブリッド燃料消費率は37km/L※6を達成
・リチウムイオン電池の小型軽量化、高容量化により、従来型を大幅に上回るEV走行距離60km以上※6を達成
・エンジンと動力分割機構の間に新たにワンウェイクラッチを採用することで、従来のハイブリッドシステムでは発電機としてのみ使用していたモーターを、走行用モーターとしても利用するデュアルモータードライブシステムを搭載。従来の走行用モーターと合わせ、二つのモーターで走行することを可能とし、EVモード走行時の力強い走りを実現するとともに、日常使用時のモーター走行領域を拡大

3.電気を活用した新しいカーライフスタイルを実現する先進装備
 タッチスクリーンによって地図情報、車両情報、エアコン、オーディオといった様々な情報を同時に表示し、直感的に把握・操作することを可能とする、トヨタ初のフルHD11.6インチ大型ディプレイを採用。ナビゲーションシステムには、より燃費の良い運転となるようドライバーを支援する「先読み減速支援」機能を搭載。この機能により、車両はドライバーの「減速・停止」操作から、ドライバー個人の減速習慣を蓄積。走行中に減速地点が近づくと表示によってドライバーにアクセルオフを案内し、同時に回生拡大制御により効率的にバッテリーを充電する。これにより、ドライバーは理想的な減速操作が可能となり、実用燃費の向上に貢献。

・家庭用電源からの充電(200V16A、100V6A※7)に加え、充電ステーションでの急速充電にも対応(日本仕様のみ)。急速充電時には、充電量80%まで約20分での充電が可能
・室内コンデンサ(熱交換機)を新たに設定し、冷媒の液体と気体を分離して効率よく吸熱、放熱をおこなうことで、高い暖房性能を備えた世界初※8のガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコンを採用。エンジンを作動させずに暖房を使用しながらEV走行できる距離、速度域を大幅に拡大し、運転中の快適性を向上
・駆動用バッテリーを充電する世界初※8のソーラー充電システムを搭載(日本、欧州仕様のみ)。車両天井に取り付けられた太陽光パネルによって発電した電力を、駐車時は駆動用電池の充電、走行時は補機電池および補機類の電力供給補助に使用でき、エコと優れた利便性を両立
・家庭用蓄電池の代替として、駆動用電池の電力を車外へ供給可能な、外部電源供給システムを搭載。非常時にはエンジンも作動し、発電機の代替としても機能が可能(日本仕様のみ)

※5 ICONIC:一目でプリウスとわかるシンボリックなデザイン、Human-tech:人の記憶や直感で分かる先進機能
※6 開発目標数値(JC08モード)、社内測定値
※7 100V充電は専用回路工事不要。
※8 2016年3月現在。トヨタ調べ

NYショーで発表されたフルモデルチェンジ予定のプリウスPHV
NYショーで発表されたフルモデルチェンジ予定のプリウスPHV

NYショーで発表されたフルモデルチェンジ予定のプリウスPHV
NYショーで発表されたフルモデルチェンジ予定のプリウスPHV

おすすめの記事

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

25日(Mon)

26日(Tue)

27日(Wed)

28日(Thu)

29日(Fri)

鈴鹿8時間耐久ロードレース

WRC 第8戦フィンランド

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第7戦 スパ-フランコルシャン

30日(Sat)

鈴鹿8時間耐久ロードレース

WRC 第8戦フィンランド

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第4戦スパ24時間(耐久)

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第7戦 スパ-フランコルシャン

31日(Sun)

鈴鹿8時間耐久ロードレース

鈴鹿8時間耐久ロードレース

F1 第12戦ドイツGP

WRC 第8戦フィンランド

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第4戦スパ24時間(耐久)

インディカー インディカー・シリーズ第13戦ミド・オハイオ