国内レース他ニュース

2017.08.01

ブリヂストン 2017年86/BRZ第5・6戦十勝 レースレポート


国内レース他 | ブリヂストン 2017年86/BRZ第5・6戦十勝 レースレポート

2017 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race [Professional Series] 第5戦

変則Wヘッダーの初戦で山田英二が3位表彰台獲得

開催場所:十勝インターナショナルスピードウェイ
開催日:2017年07月29日(土)~2017年07月29日(土)

 昨年に続き、今シーズンも2連戦となる十勝スピードウェイ。しかしワンデーレース×2ではなく、変則的な構成とされていた。予選は土曜日の第5戦のみで、その結果を受けて第5戦がスタート。翌日の第6戦には予選がなく、第5戦のレース中のベストタイム順でスターティンググリッドが決まる。
 
 参加しているドライバーたちはチャンピオンを狙っているだけに、当然シリーズポイントを積み上げたい。そのために最も有効な戦略を取るのが、プロのプロたるゆえんかもしれない。結果として第5戦は、その影響を大きく受け普段とはまったく様相が違ってしまった。
 
 実はこの大会前にペナルティが公示された。TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceでは、通常のレースペナルティの他に、ペナルティポイント制が採用されている。
 
 ペナルティの程度によってポイントが積み重なり、それが4点以上となった時にはスターティンググリッド降格か、予選ベストタイムの抹消というペナルティが与えられる。今回のレースでは、#1佐々木雅弘選手(ブリヂストン)、#5井上尚志選手(ブリヂストン)、#31青木孝行選手(ブリヂストン)の3選手に、10グリッド降格のペナルティが与えられた。
 
 予選結果に対して10グリッド降格が実行できない場合、つまり最後尾まで10台に足りない場合は、ピットスタートとなる。つまりエントリーが26台なので、予選16位以上に入らないと自動的にピットスタートになってしまうというわけだ。

●予選

 北海道出身であり、十勝スピードウェイがホームコースでもある#369平中克幸選手(GY)が、金曜日から速さを見せていた。その勢いのままに、予選2位となった#60服部尚貴選手(DL)を0秒358引き離して、見事にポールポジションを獲得した。2015年から参戦をはじめて以来、初のポールポジションとなった。

 3位には、十勝スピードウェイの走行経験はほとんどないというハンデをベテランの技術で克服した#906新田守男選手(ブリヂストン)が入った。
 
 4位に#90阪口良平選手(ブリヂストン)、5位には#770山田英二選手(ブリヂストン)となった。

 注目された佐々木雅弘選手は、コースとの相性が悪いのもあってか、17位。井上尚志選手は21位。つまり自動的にピットスタートとなった。そして青木孝行選手は積極的にピットスタートを選択する意味もあってスローペースで予選を走り、最下位の26位。
 
 オーバーテイクが難しい十勝スピードウェイということもあり、下位スタートでは多くのポイントを得ることができない。であれば第5戦を諦めて、第6戦のためにできるだけ速いベストラップを出しておきたい。
 
 そのためには集団と離れてピットから遅くスタートし、フリーな状況でアタックするのがベターという作戦だ。

●決勝レース

 結果としてピットスタートしたのは3台ではなく、4台だった。ポイントランキング2位の#97近藤翼選手(ブリヂストン)は予選を15位で終えていた。この場所からスタートしても多くのポイントを獲得するのは難しい。しかも第6戦でも、同じような結果になる可能性が高い。そこであえてピットスタートを選択したわけだ。
 
 またチームメイトの#76小河諒選手(ブリヂストン)は19番グリッドからスタートしたものの、スローダウンして最後尾まで下がりベストラップを狙うという戦略を採用していた。
 
 レースはスタートで服部尚貴選手が先行し、トップに立つ。しかし速さに勝る平中克幸選手がジリジリと差を詰め、オーバーテイクのタイミングを狙っていた。
 
 そして5周目、ついに平中克幸選手がトップに立ち、ジリジリと服部尚貴選手との差を拡げていき、そのままチェッカーフラッグを受けた。地元北海道で、今シーズン初勝利をポール・トゥ・フィニッシュで飾ることになった。
 
 3位以下は意外なほど動きのないレースとなった。これは翌日に控えた第6戦を見据え、リスクを避けた結果といえそうだ。オーバーテイクの難しい十勝スピードウェイでは、無理なチャレンジは接触やコースアウトのリスクを大きくしてしまうからだ。
 
 3位には山田英二選手、4位新田守男選手、5位井口卓人選手と、ブリヂストン装着勢は、トップ10の中に6台が入った。

●コメント

3位表彰台を獲得した#770山田英二選手(ブリヂストン )のコメント。
「レースは理想的でしたね。とにかくほかのブリヂストン(装着)勢の前に出たかったんですね。2周目にベストラップを出すために、前に詰まりたくなかったんですよ」

「スタートで3位にポジションを上げたことで、しっかりとタイムを出すことができました。前後のマシンとは少しスペースがあったので、タイヤのマネージメントしながら走ることもできました。明日は5番手からのスタートになるんですが、連続表彰台を目指したいですね」


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング