国内レース他ニュース

2018.04.16

D1グランプリ 第3戦オートポリス 大会レポート


D1グランプリ 第3戦オートポリス 大会レポート

D1グランプリ 第3戦オートポリス 大会レポート

報道関係各位
2018年4月16日
D1グランプリ広報事務局

ドリフト競技の最高峰D1グランプリの2018年シリーズ第3戦が『2018 AUTOPOLIS DRIFT』として開催!
横井 昌志(D-MAX)追走今季初優勝! 川畑 真人(TOYO TIRES GLION TRUST RACING)が、単走2連勝!

 ドリフト競技の最高峰D1グランプリの2018年シリーズ第3戦が「2018 AUTOPOLIS DRIFT」として、4月14日(土)・15日(日)、オートポリス(大分県日田市上津江町上野田1112-8)にて2014年以来4年ぶりに開催され、横井昌志(D-MAX)が今季追走初優勝を果たし、通算4勝目をあげ、川畑真人(TOYO TIRES GLION TRUST RACING)が、第2戦に続き、単走2連勝を飾りました。

「2018 AUTOPOLIS DRIFT」は、オートポリスを逆走する設定で、ホームストレートから150km/h を超えるハイスピードで最終コーナーに飛び込み、マシンを振り出しすぐ振り返す、難易度が高い“高速ドリフトコース”。ここでハイレベルな戦いが競われました。
 14日(土)、暴風雨のなかおこなわれた単走予選は、中田哲郎(TEAM MORI パーツオフ)が97.90点で1位通過。そして、上野高広(TEAM VERTEX DIGICAM)が97.86点で2位、村上満(Team C.M.Feeling)が97.75点で3位となりました。

 翌日の15日(日)午前、路面がウエットからドライに変わりつつあるなかおこなわれた単走決勝は、川畑真人(TOYO TIRES GLION TRUST RACING)が、100.36点の高得点を叩き出し、第2戦に続き単走2連勝を飾りました。2位には、100.14点で、藤野秀之(Team TOYO TIRES DRIFT WISTERIA)、3位には、99.99点で畑中真吾(FAT FIVE RACING)と、ハイレベルな戦いが繰り広げられました。

D1グランプリ 第3戦オートポリス 大会レポート
D1グランプリ 第3戦オートポリス 大会レポート

 そして午後、天候は快晴となりおこなわれた追走決勝は、横井昌志と末永直登(YUKE’S Team ORANGE)の戦いとなり、先行の横井昌志が好スタートを決め、深い角度を保った持ったままコーナに飛び込み、そのまま逃げ切ってアドバンテージを獲得。その後の後追いも末永直登の懐にきっちり入り込んで戦いを制し、今季初優勝! 通算4勝目を飾りました。2位はセミファイナルでの兄弟対決を制した兄の末永直登、3位はおなじくセミファイナルで観客を魅了したTOYO TIRES GLION TRUST RACING GT-R同士の一戦を制した、川畑真人となりました。

 また、“追走のなかでふたりの合計点がイチバン高い対戦”に贈られるベスト追走賞は、BEST4で対戦し、合計38.5ランクを獲得した、川畑真人、横井昌志のふたりとなりました。

 今大会により、現時点でのシリーズランキングは、64ポイントで引き続き首位を走る藤野秀之、2位は、59ポイントで横井昌志、3位には、同ポイントの59ポイントで川畑真人と、有力選手が上位にあがり混戦の様相を呈しながらシリーズ中盤に突入します。

 次戦2018 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.4は『HOKKAIDO DRIFT』として、6月9日(土)・10日(日)に、十勝スピードウェイ(北海道)にておこなわれます。


関連のニュース

国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM TOYO TIRES DRIFT GALS/2018D1GP
泉えな(いずみえな)

Photo Ranking

フォトランキング