国内レース他ニュース

2016.08.07

ポルシェカレラカップ ジャパン第8戦 決勝レポート


国内レース他 | ポルシェカレラカップ ジャパン第8戦 決勝レポート

プレスインフォメーション
2016年8月07日

ポルシェカレラカップ ジャパン第8戦 決勝レポート

小山町. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2016第8戦 決勝レースを、富士スピードウェイ(静岡県)にて2016年8月7日(日)に開催いたしました。

PCCJ2016-第8戦(富士)決勝レース
天候:晴れ 路面:ドライ

 予選、そして第7戦決勝が行われた前日と同じく真夏らしい天候のもと、大勢の観客が訪れた富士スピードウェイのグリッドについた20台の911 GT3 Cupが15周先のチェッカーを目がけてスタートしたのは11時10分。PCCJ第8戦ミシュランチャレンジの火蓋が切って落とされた。

PCCJ第8戦のスタートシーン
PCCJ第8戦のスタートシーン

 #78近藤翼、#14三笠雄一はともに綺麗なスタートで予選順位通りに1コーナーをクリアしたが、すぐ後ろでは#9武井真司が第7戦オーバーオールクラス優勝の勢いそのままに3番手スタートの#7星野敏をパス。前日のレースではジェントルマンクラスながら最後までトップ#9武井に迫った#7星野も意地を見せ、すぐさまポジションを取り戻すとそのままギャップを広げていった。

 #9武井から少し離れた第3集団では、第7戦で激しく順位を入れ替えたジェントルマンクラスのポディウム争いが、#25内山清士、#32永井秀貴、#47 TAD JUNJUN、#98 IKARI GOTOにより捲き起こる。この4台は全車が集団のリードするポジションでストレートに戻るほど、目まぐるしく順位を入れ替えながら周回を重ねていく。まず初めに集団から脱落したのは、#98 GOTOからのプレッシャーに耐えられず8周目の1コーナーで単独スピンを喫した#32永井。するとこれまた前日のレースを再現するかのように#99佐野新世が後ろから追い付き、再び集団は4台となる。

三笠雄一
三笠雄一

国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング