国内レース他ニュース

2018.07.12

三浦愛 全日本F3選手権第3ラウンド富士 レースレポート


2018 Japanese Formula 3 Championship

EXEDY B-Max Racing team Race Report

全日本F3選手権Rd.5、Rd.6

■開催日時
2018年7月7日(土)、7月8日(日)

■開催サーキット
静岡県 富士スピードウェイ(1周4.563km)

■大会名
2018 SUPER FORMURA Round4

■同時開催イベント
SUPER FORMURA、ポルシェGT3カップ
SUPER KART、N-ONEオーナーズカップ

2018年7月7日(土)雨のち晴れ
全日本F3選手権第5戦、第6戦
富士スピードウェイ/4.563km
参加台数14台

#3 三浦愛 予選結果 第3戦:10位/1分53秒770 第4戦:8位/1分53秒782

 全日本F3選手権2018シーズン、第3ラウンドの舞台は富士スピードウェイ。オフの走行不足により出遅れていた三浦選手が前半戦でもっとも期待していたのが、比較的体力的負担の少ないこの富士だった。

 木曜、金曜の専有走行で雨のなか計98周を走り込み迎えた土曜午前中の予選は、同じくレインコンディション。8時30分に30分間のセッションがスタートすると、各マシンはまずファーストランに入った。

 開始当初は雨脚が弱く、路面コンディションは徐々に回復に向かうものと思われた。だが水よりも、予選前に走行したスーパーカートがライン上にオイルを付着させたことが各マシンを翻弄。この後雨が強くなるにつれ路面のオイルが流され、各マシンはタイムアップしていくことになる。

 そして、コースイン後なかなかクリアラップに恵まれずライバルたちが3~4周で一旦ピットインするなかコースに留まり続けたことで、三浦選手は雨が強くなり始めた6周目に1分53秒782をマーク。この時点で、ベストタイム順位は8位となった。

 オイルが雨で流されたことで、ライバルたちもセカンドランではタイムを上げてきた。このため三浦選手の順位はどんどん後退。ファーストランを多く周回したため、セカンドランでの挽回のチャンスは4周のみしか残されていなかった。

 そんななか、三浦選手はアタック3周目に1分53秒770とわずかにベストタイムを更新。第5戦のグリッドを10位、第6戦のグリッドを8位という結果で予選を終えた。

■三浦愛選手コメント

「木曜、金曜と、路面コンディションが変化していった状況のなかで多く周回できたことが、テストで走れていなかった分をカバーするという意味も含め良いリハーサルになっていました。おかげで今日は良いフィーリングが得られ、上位とのタイム差も昨日より縮めることができました」

「決勝でも、入賞圏内が狙える感触はあります。午後の決勝はコンディションがどうなるかわからないので、そこはあまり考え過ぎず、スタートから走りに集中したいと思います」


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Owltech Lady/2018SF
加藤遥香(かとうはるか)

Photo Ranking

フォトランキング