国内レース他ニュース

2018.09.14

三浦愛 2018全日本F3選手権第6ラウンド岡山 レースレポート


三浦愛(EXEDY B-Max Racing)

2018 Japanese Formula 3 Championship
EXEDY B-Max Racing team Race Report

全日本F3選手権Rd.13、Rd.14、Rd.9

開催日時
2018年9月8日(土)、9月9日(日)

開催サーキット
岡山県岡山国際サーキット(1周3.703km)

大会名
SUPER FORMULA 2018 ROUND.6 OKAYAMA

同時開催イベント
SUPER FORMULA、N-ONE OWNER’S CUPROADSTER Party Race III

2018年9月8日(土)雨
全日本F3選手権第13戦、第14戦、第9戦
岡山国際サーキット/3.703km
参加台数14台

#3 三浦愛 予選結果 第13戦:10位/1分39秒649 第14戦:9位/1分40秒070

 台風によりキャンセルとなった第9戦を含め3戦が行われる今回の岡山ラウンドは、またも悪天候に見舞われた。グリッド順は予選30分間の走行でのベストタイムが第13戦、セカンドベストタイムが第14戦、第13戦決勝の順位が第9戦にそれぞれ反映されるルール。午前9時、ヘビーウエットコンディションの下、予選が開始された。
 
 路面状況がこの先どう変化していくのか予想がつかないことで、各マシンはウエットタイヤでまず一斉にコースイン。周回を重ねていくなかで、ベストなアタックタイミングを探ることになる。1周が短い岡山ではクリアラップをとることも容易ではなく、アタックラップに入るまでの2周はコース上で駆け引きが行なわれることになった。
 
 三浦選手は開始直後にコースインした数台からやや時間を置いてコースイン。路面の水の量はそこから少しずつ減っていく傾向となり、どんどんタイムを伸ばしていった。そして計測5周目にこの時点で4位となる1分39秒649を三浦選手がマークした後、コース上に1台がストップしたため予選は赤旗中断に。雨やポジショニングに翻弄されるマシンが多かったなか、三浦選手はここまで順調だった。
 
 ところが赤旗が解除になった残り8分あたりがもっとも路面状況が良く、ここで各マシンが一気にタイムを伸ばした一方で、三浦選手は慎重になりすぎ限界まで攻めることができず。このタイミングでベストタイムを更新することができなかった。最終的にベストタイムは10位、セカンドベストは9位に留まることになった。

三浦愛(EXEDY B-Max Racing)
三浦愛(EXEDY B-Max Racing)

■三浦愛選手コメント

「路面状況がもっとも良かった赤旗後の1アタック目を攻めきれなかったのは残念。一旦ピットインしたことで気持ちが振出しに戻り、すぐにはエンジンがかからなかった、というのが正直なところです。クルマのバランスは良かったので、もっとうまく組み立てられていれば39秒台前半は可能でした」

「午後の決勝も雨になると思いますが、コンスタントにペースを維持し相手のミスをうまく誘っていければ順位を上げるチャンスはあるはず。リスクはなるべく避けて、得意なコーナーで勝負していきたいと思います」


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

raffinee Lady/2018SF
林紗久羅(はやしさくら)

Photo Ranking

フォトランキング