国内レース他ニュース

2016.09.19

IPS:悪天候の第3大会は、ファイナルラップに逆転劇。坪井が初優勝


IPS第6戦で初優勝を飾った坪井翔(J-Gear & とおる君)

 17日〜18日、富士スピードウェイでインタープロトシリーズの第3大会が行われ、2戦とも激しい雨のなかで決勝が行われたプロフェッショナルクラスでは、第5戦を中山雄一(IPS-01)が、第6戦では坪井翔(J-Gear & とおる君)が優勝を飾っている。

 今回に限り、インタープロトシリーズのプロフェッショナルクラスにドライ用のソフトタイヤが投入された。ドライコンディションで行われた予選でポールポジションを獲得した中山は「ピークを迎えるのは早かったんですが、グリップは確実に向上していました。そのタイヤにマッチしたセットをいち早く見つけた人が速かったようですね」と振り返る。

 これに石浦宏明(INGING MOTORSPORT)、松田次生(J-Gear&air-J)、坪井が続いた。 しかし、坪井は走路外走行のペナルティにより、クラス最後尾からのスタートとなってしまう。

IPS第3大会の決勝はウエットコンディション下で争われたIPS第3大会の決勝はウエットコンディション下で争われた
IPS第3大会の決勝はウエットコンディション下で争われたIPS第3大会の決勝はウエットコンディション下で争われた

 その予選までは天候に恵まれたものの、決勝レースが行われた日曜日は、あいにくの雨模様。そのため、第5戦はセーフティカースタートとなり、3周の先導を経てバトルが開始される。

 プリウスコーナーから加速し、うまく石浦を引き離した中山は1周だけで1秒半のリードを確保。松田はジェントルマンクラスをともに戦うパートナーがクラッシュを喫してスタートできず、柳田は労せずして3番手に浮上する。

IPS第5戦を制した中山雄一(IPS-01)
IPS第5戦を制した中山雄一(IPS-01)

 本来8周で予定されていたレースだが、SCランでペースが鈍ったことから、規定の15分間に達して6周で終了に。3周連続でファステストラップを更新し続けた中山が、そのまま逃げ切って、今季3連勝を達成。石浦、柳田も単独走行となり、唯一順位を上げてきた坪井が4位に入った。
IPS第5戦を制した中山雄一(IPS-01)
IPS第5戦を制した中山雄一(IPS-01)

 CCS-Rクラスは、予選トップだった新田守男(NTP RACING PN CCS-R)が電気系トラブルでピットスタートを強いられ、これでトップに立った阪口良平(AREA倉敷CCS-R)が逃げ切る展開となる。最後は追い上げてきた新田が背後に迫ったが、逆転を許さずトップチェッカーを受けた。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

バンテリンレースクイーン/2017SF
多田夏摘(ただなつみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

20日(Fri)

21日(Sat)

22日(Sun)

ELMS 第6戦ポルティマオ

MotoGP 第16戦オーストラリアGP

スーパーフォーミュラ 第7戦鈴鹿サーキット

F1 第17戦アメリカGP

23日(Mon)

24日(Tue)

25日(Wed)

26日(Thu)

第45回東京モーターショー