国内他ニュース

2016.03.30

全日本F3岡山テスト:山下健太が総合ベストをマーク。上位は僅差


山下健太(TEAM TOM'S F312)

 3月30日、岡山国際サーキットで全日本F3の合同テスト2回目が行われ、午前〜午後の2回のセッションで山下健太(TEAM TOM’S F312)がベストタイムをマークした。

 熾烈な戦いが予想されている今シーズンの全日本F3。3月7日に富士スピードウェイで行われた第1回合同テストに続き、岡山国際サーキットに舞台を移して30日から合同テストの第2回がスタートした。前日、F3のスポーツ走行枠が設けられていたこともあり、2日連続の走行となっている。

 今回、F3-Nの片山義章(Petit Lemans Racing F306)、さらに「開幕2戦に出場する予定」だというGT500ドライバーの佐々木大樹(B-MAX NDDP F3)が加わりエントリーは14台となった。限定Aライで参戦する弱冠16歳の阪口晴南(HFDP RACING)も第1回合同テストに続き参加した。

佐々木大樹(B-MAX NDDP F3)
佐々木大樹(B-MAX NDDP F3)
阪口晴南(HFDP RACING)
阪口晴南(HFDP RACING)

 また、TEAM TOM’Sの2台は、第1回のときにブルーとホワイトだったカラーリングが、ブルーの部分がカーボンとなっており、さらにホワイトの部分にスーパーGTでもおなじみのZENTのロゴが入った。どうやらブラックの部分はレッドに彩られることになりそうだ。

坪井翔(TEAM TOM'S F312)
坪井翔(TEAM TOM’S F312)

 30日の岡山は、午前は晴天に恵まれ、午前10時に走行がスタート。途中、第1回テスト最速だった牧野任祐(TODA FIGHTEX)がトラブルによりダブルヘアピンひとつめでストップするシーンがあったものの、それ以外は大きなアクシデントなく進行。ニュータイヤを早めに投入した山下が最速で、終盤ニュータイヤを入れた千代勝正(B-MAX NDDP F3)が2番手。坪井翔(TEAM TOM’S F312)が3番手という結果となった。石川京侍(TODA FIGHTEX)が4番手と、トムス、B-MAX勢に食い込む結果を残している。

千代勝正(B-MAX NDDP F3)
千代勝正(B-MAX NDDP F3)
石川京侍(TODA FIGHTEX)
石川京侍(TODA FIGHTEX)

おすすめの記事

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

28日(Sat)

全日本F3 岡山国際サーキット

WTCC 第5戦ニュルブルクリンク(北コース)

ニュルブルクリンク24時間

29日(Sun)

F1 第6戦モナコGP

インディカー・シリーズ第6戦インディ500

SF 第2戦岡山国際サーキット

全日本F3 岡山国際サーキット

ニュルブルクリンク24時間

世界ラリークロス 第4戦イギリス

30日(Mon)

31日(Tue)

1日(Wed)

2日(Thu)

3日(Fri)