国内レース他ニュース

2016.11.18

FIA-F4:16年王者の宮田莉朋は「昔っぽさもあるけど、現代的」


2016年のFIA-F4チャンピオンに輝いた宮田莉朋(FTRSスカラシップF4)

 昨年スタートし、今年で開催2年目を迎えたFIA-F4選手権。2代目チャンピオン争いは最終戦まで激戦が繰り広げられ、FTRSスカラシップF4の宮田莉朋が勝ち取った。王座獲得までの道のりを宮田とコーチ役でもある片岡龍也のコメントで振り返る。

「すごく嬉しいのはもちろんですけど、チームの皆さんに、僕のことを抱えてくれた皆さんに本当に感謝しています」

 最初にチャンピオンを獲得した印象を尋ねると、喜びよりも感謝を述べた宮田。それが素直な印象なのだろう。

 カートでのキャリア、そしてシーズン途中からの参戦ではあったものの、昨年の印象からチャンピオン候補のひとりとされていた宮田。しかし、今年のスタートは決して芳しいものではなかった。

「岡山は(第2戦を)リタイアで終わってしまって、富士でも(第3戦は)ポイントが獲れず、今年はチャンピオン争い、無理なのかなと思いました」

「でも、8月の富士までに勝てば、最年少記録が取れることは分かっていたので、まずは優勝を目標としました。勝ってからチャンピオン争いには入れたらいいな、と思っていましたし、ポイントシステム的にも逆転できる可能性は十分ありましたからね」

宮田は8月に行われたFIA-F4富士大会で初優勝。最年少優勝記録を更新した。
宮田は8月に行われたFIA-F4富士大会で初優勝。最年少優勝記録を更新した。

「そして実際に優勝したらトップに立てて……。そこから調子を維持できれば、チャンピオンが獲れると確信していました」


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

SKR GAL/2017S耐
宇咲まな(うさきまな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

18日(Wed)

19日(Thu)

20日(Fri)

21日(Sat)

22日(Sun)

ELMS 第6戦ポルティマオ

MotoGP 第16戦オーストラリアGP

スーパーフォーミュラ 第7戦鈴鹿サーキット

F1 第17戦アメリカGP

23日(Mon)

24日(Tue)