F1ニュース

2017.03.20

メルセデスF1、信頼性の懸念を否定、開幕戦で全マシンに最新版パワーユニットを導入


 メルセデスF1の最新スペックのパワーユニットは信頼性の懸念を抱えているとの噂もあるが、同チームはこれを否定、開幕戦オーストラリアGPにおいて最新スペックを投入する予定であることを認めた。

 バルセロナでの合同テスト以来、メルセデスはクランクシャフトに潜在的な問題を抱えていると憶測されており、これによって最新型パワーユニットの投入が遅れるとの見方もあった。しかしメルセデス上層部のあるメンバーはこれを否定。ワークスチームだけでなく、フォース・インディア、ウイリアムズといったカスタマーチームにも、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが2度目のテストで評価を行ったアップデート版を、計画どおりに投入するという。

 メルセデスは今シーズンに向けてパワーユニットに大きな変更を施しており、ダイナモ上では70bhpの向上を達成したとの噂もあるが、テストでのパフォーマンスからは、これは実証されていないように思われる。

 ただ、バルセロナでのメルセデスは、エンジンをより保守的なモードで使用していた可能性がある。それによって実験的パーツを試したり、実戦投入が必要であるとの確信を持っていないコンポーネントの管理を行っていたという説があるのだ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

ドリフトエンジェルス/2017SGT
安田七奈(やすだなな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

15日(Tue)

16日(Wed)

17日(Thu)

18日(Fri)

WRC 第10戦ドイツ

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)