F1ニュース

2017.03.23

「ホンダF1の問題点は対応の遅さ」とマクラーレン。F1の文化に合わせたスピーディーな開発を求める


F1 | 「ホンダF1の問題点は対応の遅さ」とマクラーレン。F1の文化に合わせたスピーディーな開発を求める

 ホンダF1が向上するためには、F1レーシングの文化を理解し、取り入れる必要があると、マクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエが語った。

 2015年にマクラーレンとホンダのパートナーシップが復活し、今年は3年目のシーズンを迎える。しかし8日間のプレシーズンテストではトラブルが相次ぎ、十分な周回をできないまま開幕戦に臨むことになった。

 テストの結果からすると、マクラーレン・ホンダは今年も苦戦を避けられないものと予想され、両者の関係には緊張感が高まっているといわれている。パワーユニットの信頼性とパフォーマンスの両方に不満を持つマクラーレンは、ホンダが向上しない場合を考えて、メルセデスへのスイッチを検討、同社に打診したと報じられた。

 ブーリエは、F1で成功するためにはスピーディーで正確な開発が必要だが、ホンダはそういったF1の文化を受け入れないため、F1プロジェクトが思うように前進しないと主張した。

2017年F1第1戦オーストラリアGP水曜 マクラーレンMCL32
2017年F1第1戦オーストラリアGP水曜 マクラーレンMCL32

「彼らに必要なのはただひとつ。F1レーシングの文化を理解し組み入れることだ」とブーリエは英AUTOSPORTに対して語った。

「私が言いたいのはこういうことだ。レース、そしてF1において我々はカレンダーに従って行動する。目標を定め、日程を定めて、ラップタイムの向上を目指す。常に、できるだけ早くベストなソリューションを取り入れようとしている」

「自動車メーカーがプロジェクトを運営する場合、数週間の遅れが生じることがある。そして製品やビジネスモデルを変更することはない」

「しかしレースの世界では、アップグレードを第1戦に持ち込めなければ、そのレースでは戦えない」

「それがレースの世界のメンタリティだ。サプライヤーに関しては、何かをするのに1カ月かかったら、次には3週間、その次には2週間でやってもらうようにする」

「我々の世界では、予算の額よりも時間の短縮を重視する。その他の世界とはアプローチが違うのだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング