F1ニュース

2017.04.09

F1中国GP決勝:ハミルトンが今季初優勝!入賞圏内のアロンソは無念のストップ


F1 | F1中国GP決勝:ハミルトンが今季初優勝!入賞圏内のアロンソは無念のストップ

 4月9日、F1中国GPの決勝が行なわれた。前夜から断続的に降り続いていた雨はほとんど上がったものの、路面は乾ききっておらずダンプコンディション。現地時間午後2時になっても気温は12度、路面温度も15度しかないという、開幕前テスト以上の寒さの下で決勝のスタートを迎えた。

 予選Q1のアントニオ・ジョビナッツィのクラッシュで出された黄旗を無視したロマン・グロージャンとジョリオン・パーマーには5グリッド降格、そしてギヤボックス交換を強いられたジョビナッツィにも5グリッド降格のペナルティが科され、後続ではストフェル・バンドーンが15番グリッドに繰り上がっている。

 グリッドに向かうレコノサンスラップではメルセデスAMG勢やダニエル・リカルド、セルジオ・ペレスがスーパーソフトタイヤを試したものの、スタートでスーパーソフトを履いたのはカルロス・サインツJr.のみで他車は全てインターミディエイト。しかし路面は急速に乾きつつありフォーメーションラップ終わりでジョリオン・パーマーがピットインしてスーパーソフトに、ニコ・ヒュルケンベルグも1周目にピットインしてソフトタイヤに交換する。 

 スタートは上位勢が順位を守ったが、キミ・ライコネンがリカルドに抜かれて5位にポジションを落とす。ターン10ではランス・ストロールがイン側にいたペレスと接触してグラベルに弾き出されリタイア。ペレスも右フロントのパンクを喫する。これでバーチャルセーフティーカー(VSC)となったため上位勢以外の各車がピットインしてドライタイヤに交換する。

 VSCが解除されるとメインストレートの立ち上がりの他よりも多く濡れている箇所でジョビナッツィがコントロールを失ってウォールにクラッシュ。これでセーフティカー導入となり、インターミディエイトのままステイアウトしていた上位勢もここでピットインとドライへの交換を済ませる。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

冴えカノRFCガールズ
松本れい(まつもとれい)

F1 Photo Ranking

フォトランキング