F1ニュース

2017.04.20

ホンダF1パワーユニットが突然示した「完璧な信頼性」にマクラーレンが喜びと困惑


 マクラーレン・ホンダはF1バーレーン合同テスト2日目、トラブルなく周回を重ねることができた。バーレーンではパワーユニットのトラブルが日々、連発していたが、テスト最終日のみは発生しなかった。レーシングディレクターのエリック・ブーリエは、順調な一日を喜ぶ一方で、トラブルの原因が判明していないため、信頼性の問題が解決したとはいえないと、慎重に考えている。

 バーレーンGPでは3日間にわたってMGU-Hの冷却水の水漏れに見舞われ、グランプリ後のテスト初日にもインスタレーションラップ後にエネルギー回生システム(ERS)に水漏れが見られ、パワーユニット交換を余儀なくされた。

 しかしテスト2日目の19日、ストフェル・バンドーンはトラブルなく81周を走り切ってテストプログラムを完了、メルセデスのバルテリ・ボッタスが記録したこの日のトップタイムと0.828秒差の1分32秒108で4番手となった。

 ブーリエは、この日、なぜ事態が好転したのかと聞かれ、「それが分かればね。そこが問題なのだ。自分には分からない」と答えた。
「すべてが完璧に機能した。この機会を利用してセッティングを少し推し進めることもできたし、すべてがうまくいっている」

「今日はきちんとしたテストができた。計画していたすべてのものをテストし、走行を連続して行うこともできた。素晴らしいことだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2018D’stationフレッシュエンジェルズ/2018SGT
林紗久羅(はやしさくら)

Photo Ranking

フォトランキング