F1ニュース

2017.04.21

レッドブル「2021年以降のエンジン規則によってはF1撤退の可能性」独立系サプライヤーの参入を強く求める


 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、FIAが2021年以降のF1エンジンレギュレーションを今季中に定め、そこにインディペンデントサプライヤーの参入を実現させる内容を盛り込まない限り、レッドブルがF1に参戦し続ける保証はないと発言した。

 現在の1.6リッターV6ターボ・ハイブリッドのパワーユニットが2020年まで使用されることは決まっているものの、2021年以降は新たな仕様のパワーユニットが導入されることになる見込みだ。3月31日、その方向性についてFIA、F1所有者、F1パワーユニットサプライヤー、現在参戦していない自動車メーカー、インディペンデントサプライヤーなどが集まって話し合いを行い、いくつかの点で合意した。そのなかには、パワフルで、シンプルで、低コストで音がいいパワーユニットを導入するという項目が含まれている。

 F1公式サイトのインタビューにおいて、マルコは、この方向性を歓迎するとともに、FIAやF1新オーナーのリバティ・メディアは、インディペンデントサプライヤーの参入によりチームがマニュファクチャラーエンジン以外の選択肢を得られるようにしなければ、レッドブルはF1から去るかもしれないと述べた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース