F1ニュース

2017.04.28

F1ロシアGP フリー走行1:トップタイムはキミ。終盤のバンドーンにトラブル発生


F1 | F1ロシアGP フリー走行1:トップタイムはキミ。終盤のバンドーンにトラブル発生

 4月28日、現地時間の午前11時からF1ロシアGP最初のセッションとなるFP1が行なわれた。週の頭には厳しい冷え込みを見せたソチだが、木曜からは快晴で昼間は強い陽射しが降り注いで暑いほどの陽気になる。FP1も気温19度、路面温度33度というコンディションで始まった。この日も快晴に恵まれ、FP1の降水確率は0%となっている。 

 まずは各車がインストレーションチェックを行ない、マクラーレン・ホンダはストフェル・バンドーン車に大がかりな気流センサーを搭載してデータ収集。ルノーは地元ロシア出身のセルゲイ・シロトキンをニコ・ヒュルケンベルグに代えて起用してきた。

 バンドーンはGP2、エステバン・オコンはGP3で走行経験があるため、ソチの走行が初めてなのは20人の中でランス・ストロールただ一人。シロトキンは昨年ルノー、2014年にザウバーで走行している。

F1ロシアGP フリー走行1回目でセルゲイ・シロトキンのマシンがストップ
F1ロシアGP フリー走行1回目でセルゲイ・シロトキンのマシンがストップ

 しかし、開始から僅か11分でシロトキンはターン2イン側にストップ。「エンジンに何か起きた」と無線で報告してマシンを止め、エンジニアから「MGU-Kでの再始動をトライする」とボタン操作手順を伝えられるが、エンジン再始動上手く行かずに時間切れでマーシャルにウォールの外へと押し出されてしまった。

 普段はサーキットとして使用されることが少ない半公道サーキットで、サポートレースも1つしかないため路面コンディションはかなりグリーン。それでも最初の40分間のみに使用が許されるFP1用のタイヤを使って各車が走行を重ねていく。

 数々の問題を抱えたブレンボに代えてカーボンインダストリーズ製のブレーキをトライしているハースは、冷却状況が想定と違ったのか冷却ダクトのテーピングを外すために緊急ピットインする場面もあった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング