F1ニュース

2017.04.28

F1ロシアGP フリー走行2:好調フェラーリがワン・ツー。マクラーレンはノートラブル


F1 | F1ロシアGP フリー走行2:好調フェラーリがワン・ツー。マクラーレンはノートラブル

 4月28日現地時間午後3時、F1第4戦ロシアGPのフリー走行2回目が始まった。気候は相変わらず快晴で、気温22度、路面温度は40度まで上がってきた。
 
 FP1でMGU-Kのトラブルに見舞われたストフェル・バンドーンは、時間節約のためにESとCE以外のパワーユニットを丸ごと交換することとなり、ピットガレージで作業が続いている。この時点でTCとMGU-Hは今季5基目のコンポーネント投入となり、15グリッド降格が決まっている。

 セッション開始とともに各車がスーパーソフトでコースインして走行開始。マクラーレン勢は10分待ってフェルナンド・アロンソがガレージを後にし、バンドーン車の作業も予想以上の速さで完了して15時11分にはコースへと出て行った。15時9分にターン13でスピンしたダニール・クビアトは、「アンダーステアがひどい。クルマのどこかがおかしい」とピットに戻ってチェックを行なう。

 セッション序盤のスーパーソフトタイヤではメルセデスAMGが最速タイムを記録したが、セッション開始から20分を過ぎたあたりからフェラーリ勢がウルトラソフトを投入し、セバスチャン・ベッテルが1分341209のトップタイムを記録、キミ・ライコネンも0.263秒遅れの2番手タイムを記録した。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング