F1 ニュース

2017.04.29

F1ロシアGP予選:フェラーリがフロントロウ独占!ベッテルは2015年シンガポール以来のPP獲得


F1 | F1ロシアGP予選:フェラーリがフロントロウ独占!ベッテルは2015年シンガポール以来のPP獲得

 4月29日、現地時間午後3時にF1ロシアGPの予選が行なわれた。前日と同じく快晴に恵まれ、気温は21度、路面温度は40度というコンディションのもとで各車のフルアタックが観られることとなった。12時から行なわれたFP3ではフェラーリ勢がメルセデスAMGよりも優勢で、今季初のポールポジション獲得の期待が掛かる。 

 Q1の開始直後から各車がウルトラソフトでアタックを開始し、FP3最速のフェラーリ勢だけがスーパーソフトでコースへと向かう。地元ダニール・クビアトが先頭でコースインして観客の声援を受ける。スムーズな路面のソチ・アウトドロームではウルトラソフトも1周目ではなく2周目やクールダウンラップを挟んで3周目でタイムアップを果たせるため、普段の3周1セットのアタックではなく各車のアタック周期はもっと長くなる。

 前日のドライバーズブリーフィングで話し合われたように、最終セクターで前走車とのスペースをとろうとするコース上のトラフィックが問題になる可能性もある。ブレーキングゾーンへのアプローチがブラインドであるターン12~13でのこうした行為は禁止という通達も金曜の時点で追加されている。

 各車が連続周回でアタックを続ける中で、最速タイムを記録したのはバルテリ・ボッタスで1分34秒177から1分37秒041とタイムを縮めていく。

 ルイス・ハミルトンは最初のアタックでミスを犯して6周目にようやく0.368秒遅れで2番手。これにスーパーソフトのフェラーリ勢が0.425秒遅れで続く。

 5位はマックス・フェルスタッペン、6位にはダニエル・リカルドを上回ってニコ・ヒュルケンベルグが飛び込んできた。

 上位5台は残り5分の時点でアタックを終了し、6位ヒュルケンベルグと7位リカルド、9位フェリペ・マッサもやがてピットに戻ったしたが、8位カルロス・サインツJr.以下はピットインして新品のウルトラソフトに履き替えてセッションの最後まで走行し続け、タイムを少しずつ伸ばしていく。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ マッハ車検 GAL
杉本夏陽(すぎもとなつひ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング