F1ニュース

2017.04.30

マクラーレン・ホンダF1のアロンソ、トラブルでスタートできず/F1ロシアGP


 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、F1ロシアGP決勝のフォーメイションラップでトラブルが発生、レースをスタートできずに終わった。

 アロンソはチャージがないと無線で述べ、チームからパワーサイクルの複雑な指示をされた後、ピットに戻れるようなら戻るよう言われたが、ピットエントリーでマシンをとめ、歩いてガレージに向かった。

 アロンソのマシンを撤去するため、エクストラフォーメイションラップが行われた。

 Sky Sportsの報道によると、マクラーレンは、パワーユニットのERSトラブルのためパワーが低下したことを疑っているとコメントしたということだ。

 アロンソは開幕から4戦、まだ一度もチェッカーフラッグを受けていない。 


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング