F1ニュース

2017.04.30

F1ロシアGP決勝:ベッテルとの攻防を制したボッタスがF1初優勝!アロンソはスタートできず


F1 | F1ロシアGP決勝:ベッテルとの攻防を制したボッタスがF1初優勝!アロンソはスタートできず

 4月30日現地時間午後3時、F1ロシアGP決勝のスタートを迎えた。 

 この日は週末で一番の暑さとなり、気温は25度、路面温度は41度まで上昇。この暑いコンディションは、タイヤのオーバーヒート傾向に苦しむメルセデスAMGにとってさらに厳しい条件となりそうだ。

 ストフェル・バンドーンは金曜日の今季5基目のTCとMGU-H投入による15グリッド降格ペナルティで最後尾20番グリッド、そしてカルロス・サインツJr.は前戦バーレーンGPでのランス・ストロールとのクラッシュで科された3グリッド降格ペナルティで14番グリッドからのスタートとなった。

 マックス・フェルスタッペンはICEとTC、MGU-Hを予選後に交換しているが、これはスペアとして用意されていたすでに使用済みのコンポーネントだ。

 スーパーソフトを履いたザウバー勢とバンドーン以外は全車がウルトラソフトでスタートに臨んだ。フェルナンド・アロンソはフォーメーションラップでERSの発電に問題を抱え、ステアリング上のボタン操作でリセットを試みたが最終コーナー手前で止まってしまった。

 これによってスタートはディレイとなり、エクストラフォーメーションラップが行なわれて決勝は1周減算の52周で争われることになった。

 スタートでポールポジションのセバスチャン・ベッテルはまずまずの発進加速を見せたが、ターン1の先のストレート伸びで3番グリッドのバルテリ・ボッタスが優り、ターン2の手前で前に出て首位を奪いとった。

 2番グリッドのキミ・ライコネンはスタートが鈍く2台のメルセデスAMG勢に前に行かれてしまったが、逆にターン2までにルイス・ハミルトンのインに飛び込んで3番手を奪い返した。

F1ロシアGP決勝 ジョリオン・パーマーとロマン・グロージャンがクラッシュ
F1ロシアGP決勝 ジョリオン・パーマーとロマン・グロージャンがクラッシュ

 後方ではジョリオン・パーマーがロマン・グロージャンにヒットし、弾き飛ばされたグロージャンはウォールにクラッシュ。

 パーマーもフロントを壊して2台ともにその場でリタイアとなった。しかし、そもそもの原因はターン2入口でインのグロージャンがパーマーに接触したことにある。また、ターン5ではランス・ストロールが単独スピンで14位まで後退。

 これでセーフティカーが導入された。バンドーンとマーカス・エリクソンは早速ピットインしてウルトラソフトに履き替える。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

T’s CONCEPT
旭はるな(あさひはるな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング