F1ニュース

2017.06.10

F1カナダGP フリー走行2:初日最速はライコネン、マシン修復を終えたアロンソは7番手に


F1 | F1カナダGP フリー走行2:初日最速はライコネン、マシン修復を終えたアロンソは7番手に

 6月9日現地時間午後2時、F1カナダGPのFP2が始まった。依然として空には雲が垂れ込め、気温は23度、路面温度も34度までしか上がっていない。さらに午前中のFP1に続いて強い風が吹き抜けている。しかし、心配された雨は降水確率10%と低いままでセッションの開始を迎えた。

 相変わらずグリップ不足とリヤの不安定さに悩むドライバーが少なくないが、特にロマン・グロージャンは2周連続でターン6でスピンし「同じコーナーで2回もスピンするなんてありえない、クルマの何かがおかしい!」と違和感を訴える。

 約30分後にはターン2でもスピンし、BBW(ブレーキ・バイ・ワイヤ)のセッティングに問題を抱えていることを指摘する。 

 それ以外にもセバスチャン・ベッテルは最終コーナーでコントロールを失いかけ、ニコ・ヒュルケンベルグはターン9出口でウォールを擦る場面もあったが、ともに事なきを得た。

 バルテリ・ボッタスも59分にターン1でリヤが流れてスピンし、ランオフエリアを後ろ向きに突っ切ってストップ。幸いマシンにダメージはなく走行を続けた。

 その後もターン6でベッテル、ターン1でダニール・クビアト、ジョリオン・パーマー、ターン2でセルジオ・ペレスなど、エイペックスから急にリヤのグリップ失うような今年特有のスピンが相次ぐ。

 またダニエル・リカルドは、開始から15分で「パワーを失っている」と報告しガレージへ。チームは問題解決に時間が掛かることを認めている。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

F1 Photo Ranking

フォトランキング