F1ニュース

2017.06.11

好調ベッテルがトップタイム【タイム結果】F1第7戦カナダGP フリー走行3回目


F1 | 好調ベッテルがトップタイム【タイム結果】F1第7戦カナダGP フリー走行3回目

 2017年F1第7戦カナダGPのフリー走行3回目はフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。

 気温19度、路面温度30度のドライコンディションで開始された土曜日最初のセッション。各車インストレーションラップを行い、徐々にタイムをマークしていく。

 開始から20分経過したところで、ベッテルが1分13秒015のトップタイムをマーク。自身のFP2タイムである1分13秒200を上回ってきた。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは2周、ストフェル・バンドーンは3周を消化したのみでまだタイムは刻んでいない。

 28分経過時点でトップはベッテルのまま変わらず、2番手はルイス・ハミルトン。アロンソは1分14秒456で9番手タイムをマークした。

 35分が経過し、トップのベッテルがウルトラソフトで1分12秒704をマーク、このタイムは昨年の予選PP(1分12秒812)を上回るアタックだ。さらにベッテルは、1分12秒572とタイムを縮め、路面がどんどん良くなっていることがうかがえる。

 43分が経過し、ハミルトンがウルトラソフトでアタックを開始。1分12秒926の3番手に。自己ベストは更新したもののトップのベッテルからは0.354秒の差が開いている。

 残り数分を切ったところで最後のアタックを開始するマシンが出るなか、トップのベッテルと2番手のキミ・ライコネンはガレージに待機したまま上位陣に順位の変動はなかった。

 なお、アロンソは1分13秒885で12番手、バンドーンは1分14秒228の16番手の位置につけている。

F1第7戦カナダGPフリー走行3回目結果

カナダGP カナダ:サーキット・ジル・ビルヌーブ

Pos.

No.

Driver

Team

Time

Laps

15S.ベッテルフェラーリ1’12.57220
27K.ライコネンフェラーリ1’12.86419
344L.ハミルトンメルセデス1’12.92622
433M.フェルスタッペンレッドブル1’12.96522
577V.ボッタスメルセデス1’13.21024
627N.ヒュルケンベルグルノー1’13.49320
719F.マッサウイリアムズ1’13.52722
83D.リカルドレッドブル1’13.54535
931E.オコンFインディア1’13.63526
1055C.サインツJr.トロロッソ1’13.66722
1126D.クビアトトロロッソ1’13.78823
1214F.アロンソマクラーレン1’13.88518
1311S.ペレスFインディア1’13.95627
148R.グロージャンハース1’13.99419
1530J.パーマールノー1’14.10222
162S.バンドーンマクラーレン1’14.22822
1720K.マグヌッセンハース1’14.39218
1818L.ストロールウイリアムズ1’14.40925
199M.エリクソンザウバー1’14.88325
2094P.ウェーレインザウバー1’14.96525

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング