F1ニュース

2017.06.11

F1カナダGP予選:ハミルトンがアイルトン・セナに並ぶ自身65回目のポールポジションを獲得


 6月10日現地時間午後1時、F1カナダGPの予選が行なわれた。午前中に引き続きモントリオールは好天に恵まれて、気温は22度、路面温度は44度まで上がってきた。
 それでもジル・ビルヌーブ・サーキットは路面がスムーズでタイヤに負荷が掛かりにくいためタイヤのウォームアップには時間が掛かり、どのチームも前戦モナコGP同様にタイムアタックまでに時間が必要になる。そのためコース上のトラフィックも懸念される。 

 Q1の開始直後から各車がウルトラソフトでコースインしアタックに向かう中、フェラーリだけはスーパーソフトでアタックへ。メルセデスAMGとレッドブル勢は他車とタイミングをズラし、4分ほどが過ぎてからコースへと向かう。

 早々にトップに立ったのはセバスチャン・ベッテルだったが、ウルトラソフトでアタックしたバルテリ・ボッタスがこれを上回って首位、ルイス・ハミルトンもベッテルを上回って0.007秒差の2番手に。

 FP3までの展開と同じく上位はレッドブル、フォース・インディアが構成し、9位フェリペ・マッサ、10位フェルナンド・アロンソと続く。

 キミ・ライコネンはターン9の出口でワイドになり右リヤホイールをウォールに擦り、ストフェル・バンドールンはターン7出口で左リヤを当てて火花を飛ばす場面もあったが事なきを得た。

 残り6分で10位のアロンソ以下全車が2回目のアタックに入るが、残り1分でパスカル・ウェーレインがターン1のブレーキングでリヤが流れて後ろ向きにクラッシュ。

 これでダブルイエローが降られて予選Q1は実質的に終了となり、バンドーン、ストロール、マグヌッセン、エリクソンがタイムアップを果たせないままQ1敗退となった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング