F1ニュース

2017.06.12

F1カナダGP決勝:ポイント目前のアロンソがエンジンブロー、優勝はポールから独走のハミルトン


 6月11日現地時間午後2時、F1カナダGP決勝がスタートを迎えた。この日は朝から気温が高く、気温は28度、路面温度は41度まで上がっているが、体感温度はもっと高い。当初は雨の懸念もあった日曜午後だが、降水確率は0%とドライのレースとなった。 

 予選でクラッシュを喫したザウバーのパスカル・ウェーレインはギヤボックス交換で5グリッド降格が決定し、リヤウイングのアッセンブリーも交換したがこちらは予選時と異なるスペックであるためピットスタートが義務づけられることとなった。それ以外のグリッド順に変更はない。

 ウルトラソフトと他コンパウンドのタイム差が大きいだけに、ほぼ全車がウルトラソフトでスタートに臨む。18番グリッドのケビン・マグヌッセンとピットスタートのウェーレインのみがスーパーソフトでのスタート。

 11番グリッドのダニール・クビアトはクラッチのトラブルでフォーメーションラップに出て行くことができなかったが、なんとか息を吹き返して隊列に追い付いた。しかし11番グリッドにはついたものの、SCライン1の前に隊列に追い付けなかったためドライブスルーペナルティが科された。

 ポールポジションのはミルトンが好加速を見せたのに対し、2番グリッドのセバスチャン・ベッテルは加速が鈍くターン1までにアウトからマックス・フェルスタッペン、インからバルテリ・ボッタスに前に出られてしまう。

 前がやや混乱したままで迎えた次のターン3のアプローチで、インに寄せたカルロス・サインツJr.がロマン・グロージャンと接触してコントロールを失いフェリペ・マッサのマシンを巻き添えにしながらバリアに突っ込んだ。これで2台が早くもリタイアし、グロージャンもピットイン。

 セーフティカー導入を経て4周目にレースが再開されると、1コーナーまでに3位ボッタスが2位フェルスタッペンに仕掛けようとするが抜けず。ターン7の立ち上がりでは6位キミ・ライコネンがワイドになりウォールをこすってセルジオ・ペレスに先行を許してしまった。

 スタート直後のターン1でフェルスタッペンに接触されてフロントウイング右翼端板にダメージを負ったベッテルはダメージが進んでしまい5周目にピットインを余儀なくされる。ノーズ交換とともにスーパーソフトタイヤに交換してトップから約30秒遅れの最後尾でコースに戻った。

 11周目、フェルスタッペンがターン2出口でストップ。これでVSCが導入されこの間に8位ニコ・ヒュルケンベルグがピットインするが、静止時間が6.3秒でギャンブルは失敗といえた。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング