F1ニュース

2017.06.23

F1ブルーフラッグ規則が小変更。ライコネンらの周回遅れに対する不満を受け


F1 | F1ブルーフラッグ規則が小変更。ライコネンらの周回遅れに対する不満を受け

 F1のブルーフラッグに関する手順がアゼルバイジャンGPを前に変更された。今年、何人かのドライバーたちが周回遅れのマシンにてこずり、不満を述べていた。

 周回遅れとなるマシンは、リーダーたちが後方から近づき、ブルーフラッグが振られた後、できるだけ早く譲らなければならない。しかしブルーフラッグで警告を出すタイミングが2017年シーズン初めに変更された。

 リーダーたちが3秒差まで近づいてきたとき、周回遅れになるドライバーにはチームから最初の警告がなされる。その後、正式な警告がブルーフラッグとコクピット内のライトによって自動的に行われるが、そのタイミングがかつては1.5秒差だったが、現在は1.0秒差に変更されている。

2017年モナコGP キミ・ライコネン(フェラーリ)がストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)を周回遅れに
2017年モナコGP キミ・ライコネン(フェラーリ)がストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)を周回遅れに

 しかし今年は空力面でマシンが大きく変わり、前のマシンに接近することがより難しくなっている。その影響で一部のドライバーたちから、他のマシンを周回遅れにするのが非常に難しいという指摘がなされてきた。

 前戦カナダGPのドライバーブリーフィングにおいて、キミ・ライコネンはモナコGPでレースをリードしていた際、周回遅れの処理であまりにも多くの時間を失ったとして、ブルーフラッグ規則の変更を求めた。

 他にもマックス・フェルスタッペンやセバスチャン・ベッテルなども、バックマーカーについての不満を示している。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング