F1ニュース

2017.06.24

フェルスタッペンにトラブル発生【タイム結果】F1第8戦アゼルバイジャンGP フリー走行3回目


 2017年F1第8戦アゼルバイジャンGPのフリー走行3回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。

 気温26度、路面温度56度のドライコンディションで始まった土曜日最初のセッション。大半のドライバーがスーパーソフトを装着しタイム計測を開始していく。

 セッション開始後わずか7分というところでルノーのジョリオン・パーマーのマシン後部から出火。消火活動を行うものの鎮火までにかなりの時間を要し、予選までに修復するのは困難か。

 開始から20分経ったところでメルセデスのバルテリ・ボッタスが1分43秒720のトップタイムをソフトタイヤで記録。

 セッション折り返し時点でもトップは変わらずボッタス。ここでウイリアムズのフェリペ・マッサが1分43秒844の自己ベストタイムを記録し2位につける。

 この時点でマクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンはトラブルフリーで10周を走行。

 セッション後半に入った段階で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルにトラブル発生、コースに出てわずか1周でガレージに戻ることに。

 残り20分、スーパーソフトを装着したメルセデスのルイス・ハミルトンが1分43秒348の最速タイムを記録。同じくスーパーソフトを装着したボッタスも自己ベストを更新し2位につける。

 残り10分となりライコネンが1分42秒837を記録しトップに浮上。しかしすぐさまボッタスが塗り替え、トップ3はボッタス、ライコネン、ハミルトンに。

 ここで今週末、好調を維持していたレッドブルのマックス・フェルスタッペンがコース上でストップ。ステアリングモニターが点灯していないため電気系トラブルが発生か。

 残り数分となったところでマクラーレンの2台はともタイムを更新。アロンソとバンドーンはそれぞれ14番手と16番手となるタイムを記録した。

アゼルバイジャンGP アゼルバイジャン:バクー・シティ・サーキット

Pos.

No.

Driver

Team

Time

Laps

177V.ボッタスメルセデス1’42.74221
27K.ライコネンフェラーリ1’42.83714
344L.ハミルトンメルセデス1’43.15823
43D.リカルドレッドブル1’43.28724
531E.オコンFインディア1’43.34421
633M.フェルスタッペンレッドブル1’43.61416
719F.マッサウイリアムズ1’43.73818
826D.クビアトトロロッソ1’43.90821
918L.ストロールウイリアムズ1’44.04017
1011S.ペレスFインディア1’44.13822
1127N.ヒュルケンベルグルノー1’44.31216
125S.ベッテルフェラーリ1’44.3447
1355C.サインツJr.トロロッソ1’44.40123
1414F.アロンソマクラーレン1’44.74118
1520K.マグヌッセンハース1’44.92620
162S.バンドーンマクラーレン1’45.14317
178R.グロージャンハース1’45.49120
189M.エリクソンザウバー1’45.64521
1994P.ウェーレインザウバー1’45.72219
2030J.パーマールノー1’53.0404
F1アゼルバイジャンGPフリー走行3回目でトップタイムのボッタス
F1アゼルバイジャンGPフリー走行3回目でトップタイムのボッタス

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング