F1ニュース

2017.06.24

F1アゼルバイジャンGP予選:完璧なアタックでハミルトンがポール、フェラーリ勢は2列目


 6月24日現地時間17時、アゼルバイジャンGPの予選が始まった。日中は強い陽射しに照らされて60度近くまで上昇した路面温度だが、この時間になると気温は26度、路面温度は47度まで下がってきている。
 
 FP3でトラブルが発生したセバスチャン・ベッテルは予備的措置としてパワーユニット交換を行ない、予選までになんとか交換作業を間に合わせた。なお、噂されたアップデートは投入されていないという。同じくFP3でストップしたマックス・フェルスタッペンはマシン修復が間に合ったが、火災が発生したジョリオン・パーマーは作業が終わらず予選出走を見合わせることとなった。

 すでにグリッド降格ペナルティが決まっていたマクラーレン・ホンダ勢は、予定通り土曜日からスペアのパワーユニット(ICE、TC、MGU-H、MGU-K)に載せ換えた。加えてストフェル・バンドーンはFP3後にギヤボックス交換を行ない、6戦連続使用規定に抵触してさらに5グリッド降格が加算された。

 Q1のセッション開始と同時に大多数のマシンが一斉にコースイン。ニコ・ヒュルケンベルグに至っては開始1分前からピット出口に並んで開始時間を待つなど、トラフィックを嫌ってコースインのタイミングをはかる。全体的に硬いタイヤアロケーションということもあり、全車がスーパーソフトを履いてアタックに入っていく。

 クリアラップを取ることが難しい上にタイヤのウォームアップとフロントタイヤの温度キープが難しいコース特性ゆえに、どのマシンも連続走行でクールダウンラップを挟みながらタイムアタックを何度も繰り返す。

 アタック序盤でトップに立ったのはルイス・ハミルトンで1分42秒384、2位は0.160秒差でフェルスタッペン。暫定3番手タイムを出した直後、エステバン・オコンは「左のリヤとフロントを(ウォールに)タッチした」と報告して7週でアタックを終了する。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
藤澤友千菜(ふじさわゆちな)

Photo Ranking

フォトランキング