F1ニュース

2017.06.28

ホンダ、2017年初入賞に安堵「マクラーレンF1に対して進歩を示す必要があった」


 マクラーレン・ホンダがF1アゼルバイジャンGPでようやく今季初ポイントを獲得できたことに関し、ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏が安堵したと語った。

 2017年シーズン、マクラーレン・ホンダは信頼性と性能の両面で問題を抱え、開幕から7戦にわたってノーポイントのままだった。しかし大混乱の展開となったアゼルバイジャン決勝でフェルナンド・アロンソが生き残って9位入賞、2ポイントをつかんだ。ストフェル・バンドーンは12位で完走を果たしている。チームは第8戦にしてようやくシーズン初ポイントを獲得、プレッシャーがいくらか軽減したといえるだろう。

2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)
2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 アゼルバイジャンの結果について英AUTOSPORTから聞かれた長谷川氏は「ポイントを獲得することができて安心しました」と語った。

「このサバイバルレースで、ドライバーたちはとてもいい仕事をしてくれました。(2台そろって完走したのは)非常に重要なことです」

「新しいエンジンとMGU-Hを導入しましたが、(信頼性については)さほど心配していませんでした」

「信頼性に関してある程度進歩を示せたことは喜ばしい限りです。それによってポイントを獲得できたのでよかったと思います」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

D'z gals/2018D1GP
原田瞳(はらだひとみ)

Photo Ranking

フォトランキング