F1ニュース

2017.07.08

ベッテルがトップタイム【タイム結果】F1オーストリアGPフリー走行3回目


 7月8日、2017年F1第9戦オーストリアGPのフリー走行3回目が行われた。 

 気温22℃、路面温度30℃、ドライコンディションのなか行われたセッションはフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。

 セッション4分が経過し、1コーナーを回ったところでカルロス・サインツJr.がストップ。さっそく黄旗が提示された。サインツはコース上にストップした状態のまま、ピットからの指示を受けエンジンの再始動を試みるが、復帰は叶わずマーシャルにマシンを押されコース脇に退避することになった。

 10分が経過しサインツのマシンの退避が完了したことで、黄旗が解除され続々と各マシンがコースイン、周回を重ねていく。

 まずはマックス・フェルスタッペンがウルトラソフトで1分6秒387でトップタイムをマーク。その後も走行を続けたフェルスタッペンは1分6秒015までタイムを縮めピットへと入った。

 20分が経過し、ベッテルが1分5秒384のトップタイム。2番手はバルテリ・ボッタス、3番手はルイス・ハミルトンが続いている。

 セッション折り返しの段階でフェルナンド・アロンソは、1分6秒843で12番手の位置。トップとは1秒459の差だ。なお、序盤でストップしてしまったサインツも再びマシンに乗り込みコースインを果たしている。

 セッション後半、ウルトラソフトでアタックしたハミルトンが1分5秒361でトップタイム。しかし、残り15分を切ったところでベッテルが1分5秒092を叩き出しハミルトンのタイムを塗り替えた。

 残り10分、ブレーキにトラブルが発生したハミルトンがコースオフ、なんとかコースに復帰したもののスロー走行のままピットへ戻っていった。

 最終的にベッテルがトップを維持したままセッションが終了。2番手はハミルトン、3番手はボッタスとなった。マクラーレンのストフェル・バンド―ンは13番手、アロンソは15番手でセッションを終えている。

■2017年F1第9戦オーストリアGPフリー走行3回目結果

オーストリアGP オーストリア:レッドブル・リンク

Pos.

No.

Driver

Team

Time

Laps

15S.ベッテルフェラーリ1’05.09218
244L.ハミルトンメルセデス1’05.36121
377V.ボッタスメルセデス1’05.51519
47K.ライコネンフェラーリ1’05.61119
533M.フェルスタッペンレッドブル1’05.78424
63D.リカルドレッドブル1’05.89629
720K.マグヌッセンハース1’05.93621
88R.グロージャンハース1’06.01522
926D.クビアトトロロッソ1’06.27928
1055C.サインツJr.トロロッソ1’06.28419
1131E.オコンFインディア1’06.37426
1227N.ヒュルケンベルグルノー1’06.56318
132S.バンドーンマクラーレン1’06.57818
1430J.パーマールノー1’06.59522
1514F.アロンソマクラーレン1’06.59920
1618L.ストロールウイリアムズ1’06.77622
1719F.マッサウイリアムズ1’06.86524
1811S.ペレスFインディア1’06.87528
199M.エリクソンザウバー1’07.37821
2094P.ウェーレインザウバー1’07.46825
2017年F1第9戦オーストリアGP FP3のフェルナンド・アロンソは15番手
2017年F1第9戦オーストリアGP FP3のフェルナンド・アロンソは15番手

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

SUZUKI/2019TAS
羽瀬萌(はせめぐむ)

Photo Ranking

フォトランキング