F1ニュース

2017.07.12

シルバーストンがF1イギリスGP開催契約を解除。多額の損失に耐えかね、条件変更を望む


F1 | シルバーストンがF1イギリスGP開催契約を解除。多額の損失に耐えかね、条件変更を望む

 シルバーストンサーキットのオーナー、ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)が、F1イギリスGPの開催契約の解除条項を行使した。これにより現状ではイギリスGPは2019年までの開催しか確保されなくなるが、BRDCはF1側と交渉し直し、新たな契約を結ぶことを希望している。

 イギリスGPの開催契約期間は2026年までだったが、2019年のレース終了後に有効となる解約条項が存在し、これを行使するには、今年のイギリスGPの前に手続きをとる必要があった。

 数カ月前から、BRDCはバーニー・エクレストンと結んだ契約では開催料金が1年ごとに5パーセントずつ上がっていき、経済的損失が大きくなりすぎるため、このままではグランプリを開催することはできないと示唆しており、解除条項を行使する可能性が高いと考えられていた。

 元の契約での最初の開催年である2010年には、開催者側の費用負担は約1200万ポンド(約17億5000万円)だったが、契約期間最後の2026年にはこれが約2600万ポンド(約38億万円)に膨れ上がる予定となっていた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

T’s CONCEPT
旭はるな(あさひはるな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング