F1ニュース

2017.07.28

F1ハンガリーGP FP1:リカルドがトップ、マクラーレン・ホンダ勢は7・8番手と好調な滑り出し


F1 | F1ハンガリーGP FP1:リカルドがトップ、マクラーレン・ホンダ勢は7・8番手と好調な滑り出し

 7月28日現地時間10時、ハンガリーGPのFP1が行なわれた。朝から強い陽射しが降り注ぎ、気温は22度、路面温度は27度と絶好のコンディション。空力性能が問われるサーキットだけにアップデートを持ち込んでいるチームも少なくなく、FP1では開始直後の40分タイヤを使ってフロービズや気流センサーで空力データ収集を進める場面も多く見られた。 

 路面コンディションが良くないため、各車はインストレーションチェックを終えるとしばらくはガレージに留まり待機。19分が過ぎたところでようやくジョリオン・パーマーを皮切りにフェルナンド・アロンソやバルテリ・ボッタスなどもコースインし各車が走行を開始した。多くのマシンがスーパーソフトで走行、ダニエル・リカルド、カルロス・サインツJr.など4台のみがソフトタイヤで走る。

 その矢先の10時22分、ターン2のエイペックスでリヤが流れてバンドールンがスピン。「途中でエンジンが止まったようだ」と訴え一時的にギヤがスタックしてしまうが、問題なく走行を再開した。

 10時24分にはグロージャンがターン9でスピンオフして後ろ向きにバリアに接触し「リヤが何かおかしい、ルーズだ」とピットに戻る。10時29分にはベッテルもターン9のエイペックスでリヤを失ってスピンするなど、路面はかなりスリッパリーなコンディションであることが覗える。

 10時32分にはケビン・マグヌッセンに変わってハースをドライブするアントニオ・ジョビナッツィがターン11でバランスを崩し、横向きにコースオフしてサイドからバリアにクラッシュ。これでセッションは赤旗中断となった。セッションは10時39分に再開となり、FP1の序盤40分だけ使用できるタイヤはここからさらに7分間の使用が許されることになった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

AVEST/2019TAS
野口夏恋(のぐちかれん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング