F1ニュース

2017.08.28

ペレスとオコンの度重なる同士討ちにチームボスが怒り。ついに「チームオーダーによる管理」を決断


 F1ベルギーGP決勝で、チームメイト同士のセルジオ・ペレスとエステバン・オコンが再び接触したことを受け、フォース・インディアの首脳陣は、今後ふたりがコース上で自由に戦うことを許さないと宣言した。

 2017年に新たにチームメイトとなったふたりは、コース上でしばしば激しくバトルしており、アゼルバイジャンGPでは表彰台を狙える位置を走りながら接触、ペレスはリタイアに終わり、ハンガリーでも軽い接触があった。

 これまでフォース・インディアは、ふたりにチームが最優先であると強調しつつ、自由に戦うことを許してきたが、ベルギーGPで再びアクシデントが起きてしまった。

 スタート直後の混乱した状況のなかでペレスはオコンに幅寄せする形になり、その際には問題は発生しなかったものの、レース中盤過ぎに、前を走るペレスにオコンが接近したところ、オールージュ手前でペレスがウォールに向けてオコンに幅寄せしたため、2台は接触。オコンのフロントウイングはダメージを負い、ペレスの右リヤタイヤは破損した。最終的にオコンは9位で完走したが、ペレスはリタイアせざるをえなかった(17位完走扱い)。

 このアクシデントの直後、COOであるオットマー・サフナウアーは、今後チームがふたりの戦いをコントロールすると発言した。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング