F1ニュース

2017.09.13

F1参戦検討のポルシェ、レッドブル・レーシング買収によるワークス参戦も視野に?


 ポルシェはパワーユニットサプライヤーとして将来F1に参戦することを検討していると認めているが、レッドブル・レーシングを買収する形でワークスチームとしてF1で戦うことも選択肢のひとつとして考えるのではないかとの推測が持ち上がっている。

 2017年末をもってWEC世界耐久選手権、ル・マン24時間から撤退するポルシェは、2019/20年シーズンからフォーミュラEに参戦することを明らかにしている。一方で、ポルシェの副会長ルッツ・メシュケが、イタリアGPの週末にF1のスポーツ面を取り仕切るロス・ブラウンと会談を行い、2021年にエンジンレギュレーションが一新される際にエンジンサプライヤーとして参戦することを検討していると発言したと英AUTOSPORTが伝えている。

 しかしポルシェはパワーユニットを製造するだけでなく、レッドブル・レーシングを購入し、ワークスチームとしてF1に参戦することも視野に入れているのではないかとのうわさも浮上している。その場合、チーム代表クリスチャン・ホーナー、テクニカルボスのエイドリアン・ニューウェイが引き続きチームをリードし、レッドブル社はスポンサーとしてF1にとどまることになるという説だ。

 さらに、レッドブルがF1活動をスポンサーとしてのものに限定することに決めた場合、トロロッソを、来年からパワーユニットパートナーになるといわれているホンダに売却することを考えるのではないかとの推測も持ち上がっている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています