F1 ニュース

2017.09.15

F1シンガポールGP FP1:リカルドがトップタイム、パワー不足に不満を訴えるアロンソは8番手


F1 | F1シンガポールGP FP1:リカルドがトップタイム、パワー不足に不満を訴えるアロンソは8番手

 初日金曜日のF1シンガポールGPは、昼過ぎにものすごいスコールが襲来した。それでもフリー走行1回目が始まる午後4時半までには、路面はほぼドライに。上空は雲に覆われたままだが、29℃の気温はほぼ例年通りのコンディション。 

 ただし路面温度32℃は、かなり低めだ。トロロッソはカルロス・サインツJr.に代わってショーン・ジェラエル、ハースはケビン・マグヌッセンの代わりにアントニオ・ジョビナッツィを走らせている。

 ハイダウンフォースのシンガポールに合わせ、各車はかなり重めのリヤウィングや目いっぱい大きくしたTウィングなど、前戦イタリアGPとは様変わりの仕様を持ち込んだ。中でもフォース・インディアはエンジンカウル上部に極小ウィングレットを30枚以上付けた、特製シャークフィンを投入している。

 雨上がりの公道路面に大したグリップは期待できない上に、縁石の多くはまだしっかり濡れている。それでもバルテリ・ボッタスはスーパーソフトで最速タイムを更新し続け、開始後20分には1分45秒307をマーク。昨年のマックス・フェルスタッペンがFP1で出した記録を、早くもコンマ5秒以上上回った。

 その後はルイス・ハミルトン、ダニエル・リカルドが次々に1分44秒台に突入。開始後30分過ぎ以降は、レッドブルの2台がメルセデスやフェラーリを置き去りにする形で、交互に最速タイムを出し合う展開となった。しかしセッション中盤には同じウルトラソフトを履いたハミルトンが、1分42秒904をマークした。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY
南真琴(みなみまこと)

F1 Photo Ranking

フォトランキング