F1ニュース

2017.09.28

F1 Topic:低速コースを苦手とするメルセデス。彼らの本当の弱点とは


F1 | F1 Topic:低速コースを苦手とするメルセデス。彼らの本当の弱点とは

 フェラーリ2台とマックス・フェルスタッペンがスタート直後にクラッシュして、ルイス・ハミルトンがシンガポールGPで優勝したため、レース後、あまり語られることがなかったが、レース直前までシンガポールGPで話題となっていたのは、メルセデスの失速の原因だった。 

 メルセデスがシンガポールで失速したのは2015年。予選で3列目に甘んじただけでなく、レースでもニコ・ロズベルグが4位にとどまった。

 昨年はロズベルグが優勝し、ハミルトンも3位を獲得したことで、メルセデスの『シンガポールでの弱点』は一時的なものかと考えられたが、今年はシンガポールGP以外にもモナコGPとハンガリーGPという低速コースで失速。シンガポールGPでも『予想どおり』予選でフェラーリとレッドブルに歯が立たなかった。

 だが、2年前に比べると、今年はメルセデスのスタッフに慌てた様子はなかった。それはシンガポールのようなコースで失速する原因を、メルセデスのエンジニアたちは理解しているからだ。

 BAR時代に車体のエンジニアを務め、現在チーフレースストラテジストを担当しているジェームス・バレスは次のように説明する。

「この問題はマシンのコンセプトに関わる話なので、あまり詳しくは説明できないが、巷で言われているロングホイールベースそのものが問題ではないよ」

 今年のマシンの中で最もホイールベースが長いのがメルセデスである。その長さは3960mmと言われている。これに対して、フェラーリのホイールベースは3594mmでハースと並んで4番目。レッドブルに至っては3557mmと7番手(逆に言えば4番目に短い)ホイールベースなのである。それゆえ、狭く曲がりくねったコースが苦手ではないかと思われたのだ。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング