F1ニュース

2017.09.30

ライコネンがトップタイム【タイム結果】F1第15戦マレーシアGPフリー走行3回目


F1 | ライコネンがトップタイム【タイム結果】F1第15戦マレーシアGPフリー走行3回目

 2017年F1第15戦マレーシアGP土曜 フリー走行3回目が9月30日に行われフェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムをマークした。 

 現地時間14時に行われたFP3は路面温度43℃、気温31℃、ドライコンディションのなか行われた。

 前日、ロマン・グロージャンがクラッシュした原因となった排水溝の蓋だが、全てチェックを行い塞がれたようだ。また大破していたグロージャンのマシンは夜間作業のうちに修復を終えている。

 セッション開始15分経過時点では1分32秒650でルイス・ハミルトンがトップに、自身のFP2とほぼ同タイムをマーク。

 マレーシアGPからアップデートを導入しているフェルナンド・アロンソも周回を開始、1分33秒896で9番手タイムをマークするも単独スピン。幸いすぐに立て直しピットへ。

 25分時点でコースを走っていたケビン・マグヌッセンにトラブルが発生し突如スローダウン、ゆっくりピットへと戻っていった。その後セッション後半からは無事走行を再開している。

 残り30分を切ったところで、ダニエル・リカルドがスーパーソフトで1分32秒091をマークしトップタイムをマーク。

 しかし、フェラーリ勢が再びコースでアタックを開始し、ライコネンが1分31秒880でリカルドのタイムを塗り替える。さらに2番手にはベッテルがつけフェラーリが1ー2に。

 しかし残り5分を切ったところで、コース上を走行していたベッテルのマシンがスローダウン、そのままピットへ戻ることができたが、予選に向けて不安を残す形となった。

 セッション終了間際、マックス・フェルスタッペンの後方からジョリオン・パーマーが追突。フェルスタッペンはスピンを喫し、パーマーはフロントウイングを破損してしまった。

 結局タイムを更新するマシンは現れず、トップはライコネン、2番手ベッテル、3番手リカルドというオーダー。マクラーレン・ホンダ勢は10番手バンドーン、11番手アロンソという結果になっている。

2017年F1第15戦マレーシアGPフリー走行3回目結果

マレーシアGP マレーシア:セパン・インターナショナル・サーキット

Pos.

No.

Driver

Team

Time

Laps

17K.ライコネンフェラーリ1’31.88019
25S.ベッテルフェラーリ1’32.04214
33D.リカルドレッドブル1’32.09116
477V.ボッタスメルセデス1’32.32924
544L.ハミルトンメルセデス1’32.53920
633M.フェルスタッペンレッドブル1’32.57917
711S.ペレスFインディア1’33.20920
819F.マッサウイリアムズ1’33.24020
931E.オコンFインディア1’33.29021
102S.バンドーンマクラーレン1’33.32116
1114F.アロンソマクラーレン1’33.53017
1218L.ストロールウイリアムズ1’33.53821
1320K.マグヌッセンハース1’33.78710
1427N.ヒュルケンベルグルノー1’33.87114
1555C.サインツJr.トロロッソ1’33.92422
1610P.ガスリートロロッソ1’34.20624
1730J.パーマールノー1’34.47512
188R.グロージャンハース1’34.91419
199M.エリクソンザウバー1’34.93619
2094P.ウェーレインザウバー1’35.04519

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング