F1ニュース

2017.10.01

ベッテル、チェッカー後のクラッシュはおとがめなしも、懸念されるF1日本GPでのペナルティ


F1 | ベッテル、チェッカー後のクラッシュはおとがめなしも、懸念されるF1日本GPでのペナルティ

 F1マレーシアGP決勝フィニッシュ後にセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールがクラッシュし、審議対象になったが、スチュワードは両者にペナルティを科さないことを決めた。

 ベッテルは最後尾からスタートしながら4位でフィニッシュ、タイトル争いにおけるダメージを最小限に抑えることに成功した。しかし決勝後のスローダウンラップのターン5で、ストロールをアウトから抜こうとしたところ接触。ベッテルはマシンの左リヤに大きな損傷を受けた。

 ベッテルはコース上でマシンをとめ、通りかかったパスカル・ウェーレインのマシンに同乗する形でピットに戻った。

 この接触をスチュワードは審議した結果、どちらのドライバーにも決定的な非はないとして、ペナルティを科さないことを決めた。

 スチュワードは以下のように説明している。
「レース終了後のスローダウンラップにおいて、ターン5へのアプローチで18番(ストロール)はコース中央を走り、8番(ロマン・グロージャン)が後ろから18番のイン側に向けて近づいていた。同時に5番(ベッテル)は18番をアウト側から追い越し、その際にわずかにターン5のエイペックスの方にターンインした。同時に18番が少しエイペックスから離れる方向に動いた。その結果、5番の左リヤタイヤと18番の右フロントタイヤが接触した」

「スチュワードはこのインシデントにおいて完全にあるいは圧倒的に非があるドライバーはいないと考え、そのためこれ以上の措置は取らない」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

F1 Photo Ranking

フォトランキング