F1ニュース

2017.10.06

F1日本GP FP1:セッション終盤に雨が降る中ベッテルがトップ、マクラーレン・ホンダは10、12番手


F1 | F1日本GP FP1:セッション終盤に雨が降る中ベッテルがトップ、マクラーレン・ホンダは10、12番手

 大雨予報の出ている金曜日の鈴鹿だが、FP1が始まった午前10時の時点では、かろうじて曇り空のまま。とはいえこのセッションでの降水確率は80%だ。気温19℃、路面温度23℃という、例年よりかなり涼しめのコンディションで日本GPが始まった。 

 早めの降雨を用心してか、各マシンは序盤から積極的に周回を重ねる。上位勢の多くがソフトタイヤでコースインする中、レッドブルの2台だけは最初からスーパーソフトを装着。一方、ソフトで周回を重ねるメルセデスとフェラーリが早々に1分30秒台に突入し、ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタス、キミ・ライコネン、セバスチャン・ベッテルの順でトップ4を形成している。

2017年F1第16戦日本GP フェルナンド・アロンソ

 マクラーレン・ホンダはストフェル・バンドーンがスーパーソフトでニコ・ヒュルケンベルグに次ぐ9番手タイムを出したのに対し、フェルナンド・アロンソはミディアムでのインスタレーション以後は、しばらくガレージにこもったまま。それでも開始後27分には、7番手タイムを叩き出した。

 その直後にはダニエル・リカルドがスーパーソフトの新品で、2番手ハミルトンよりコンマ5秒速い1分29秒541のトップタイムをマーク。2005年にライコネンが出したレース最速記録の1分31秒540を、すでに2秒上回っている。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング