F1ニュース

2017.10.21

レッドブルF1、フェルスタッペンとの契約を2020年末まで延長。メルセデス&フェラーリからの引き抜きを阻止


F1 | レッドブルF1、フェルスタッペンとの契約を2020年末まで延長。メルセデス&フェラーリからの引き抜きを阻止

 レッドブル・レーシングはF1アメリカGPの金曜20日、マックス・フェルスタッペンとの契約を2020年シーズン末まで延長したことを発表した。

 フェルスタッペンは2014年にレッドブルとジュニアドライバー契約を結び、2015年にトロロッソでF1デビュー。当時史上最年少の17歳だった。2016年のスペインGPからレッドブル・レーシングに移籍、このスペインGPにおいて史上最年少で初優勝を挙げ、今年のマレーシアGPで2勝目を記録した。現在最も注目を集める若手ドライバーで、フェラーリとメルセデスが引き抜きに動いているともいわれていた。

 そんななか、レッドブルはフェルスタッペンと2020年末までの新たな契約を結び、最低でも3年はフェルスタッペンを確保することに成功した。

「レッドブルは常に僕を信頼し、それを行動で示してくれた」とフェルスタッペン。

「16歳の僕を若手ドライバープログラムに招き入れ、わずか17歳の時にF1にデビューさせてくれ、その後、レッドブル・レーシングで走るチャンスをくれた。レッドブルでのデビュー戦は夢のようだった」

「彼らは常に僕と僕の野心をサポートしてくれている。僕らが同じ野心を共有していることは分かっている」

「ファクトリーのスタッフからガレージのクルーに至るまで、コース上の結果にかかわらず、彼らは100パーセントのサポートを提供してくれる。それに、一緒に過ごす時間はすごく楽しいんだ!」

「レッドブル・レーシングにコミットし続けることをとてもうれしく思っている。これからさらに成功を積み重ねていくため、協力し合って働いていきたい」


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング