F1 ニュース

2017.10.30

F1メキシコGP決勝:スタートの接触を乗り越えてハミルトンが4度目のタイトル獲得


F1 | F1メキシコGP決勝:スタートの接触を乗り越えてハミルトンが4度目のタイトル獲得

 10月29日現地時間午後1時、メキシコGP決勝が行なわれた。この日も朝から好天で、気温は22度、路面温度は42度まで上昇して暑いコンディションとなった。 

 予選後にパワーユニット交換を行なったダニエル・リカルド、ブレンドン・ハートレー、ピエール・ガスリーにグリッド降格ペナルティが科され、予選不参加のガスリー以外は予選順位を元にグリッド降格数の少ない順に並び、正式なグリッドは16番リカルド、17番ハートレー、18番フェルナンド・アロンソ、19番ストフェル・バンドーン、最後尾がガスリーの順となった。スーパーソフトのロマン・グロージャンとアロンソ以外は全車がウルトラソフトでスタートする。

 スタートで好発進を見せたのはポールのセバスチャン・ベッテルと3番手のルイス・ハミルトンだったが、そこから各車がスリップストリームを使って長いストレートを走行し、ターン1にはインにベッテル、中央にマックス・フェルスタッペン、アウトにハミルトンという3ワイドで入っていく。

 ターン2でフェルスタッペンがインを突いてベッテルの前に出る。これで行き場を失ったベッテルをハミルトンがアウトから抜いて前に出るが、出口で路面上のダートに乗って縁石に乗り上げコース内に戻ろうとしたハミルトンにベッテルのフロントウイングが接触。

 これでハミルトンの右リヤがパンクし、ベッテルもフロントウイングを破損して両者ともに1周目にピットインしてソフトタイヤに交換し実質ノーストップで最後まで走り切る戦略を採らざるを得なくなった。

 これで上位はフェルスタッペン、2番手バルテリ・ボッタス、3番手エステバン・オコン、4番手ニコ・ヒュルケンベルグ、5番手セルジオ・ペレス、6番手フェリペ・マッサ、7番手キミ・ライコネン、8番手ランス・ストロール、9番手リカルド、10番手ケビン・マグヌッセンという順位になった。バンドーンは12番手、アロンソも14番手まで浮上している。

 スローパンクチャーに見舞われたカルロス・サインツJr.が2周目、マッサが3周目にピットインしやはりソフトタイヤに交換する。リカルドは5周目にパワーユニットトラブルでリタイア。これでバンドーンは10番手、アロンソは9周目のターン1でグロージャンに接触しながら抜いて11番手に上がる。

 しかしマクラーレン勢は9番手マーカス・エリクソンの0.6秒後方で抑え込まれて遅いペースに付き合わされてしまう。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY
南真琴(みなみまこと)

F1 Photo Ranking

フォトランキング